2008年07月14日

国際ブックフェア

東京ビックサイトで開かれていた,国際ブックフェアに今年も行けず…
というわけで,前から目をつけていた書籍を2冊、アマゾンにて購入.

洋書2冊でしめて\55000(五千五百円ではない)也.

専門書なのでバカ高い部類ではないと思うけれど,上記のうち1冊はもともと6000円ちょいだったのが入手困難で6倍に価格が跳ね上がった模様.
何か悔しい.
せめてブログのネタに還元したいものだ.

本日の購入
Biology and Evolution of Lungfishes, William E. Bemis et al., A.R.Liss,N.Y. (1987)
Bloch's Atlas "Allgemeine Naturgeschichte Der Fische", Marcus Elieser Bloch, Mergus Verlag GmbH; Gedenkausgabe. (1999)


にほんブログ村 科学ブログへ

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
posted by osakana at 02:07| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 魚本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
osakanaさん、はじめまして。
金魚飼育・繁殖を趣味でしているものです。
ネットで魚類生理学関係等専門用語をぐぐる度にここにぶちあたり、そろそろご挨拶をしないと失礼と思い書き込みする次第です。

時々日本に帰省し本屋にいくと、本が日本は安いと感じます。それでも専門書は高いですから、増してこちらだともっと高くなります。冗談抜きにして、邦訳してハードカバーで日本で出版されたものの方が原本よりはるかに安いということもあります。
新刊でも50、70Euroザラですから、それが古書となるともっと高そう^^;;

上の本はドイツ語と英語のようですが、両言語共運用言語でいらっしゃるのでしょうか。書評がここに書かれること、楽しみにしております^^

Posted by shochi at 2008年07月31日 04:34
初めましてshochiさん.

コメントありがとうございます.

ワタクシ,魚に関する研究に携わっているので,まるっきり趣味というわけではなく,でも,専門分野のことは極力書かないようにしているので,内容はほぼ専門外のことを改めて(自腹で)勉強してアップしております.
なので,下手の横好きというか,なんというか…微妙なポジションですね.

なので,ググって辿り着いた時にこのサイトが使われているのかと考えると,よりいっそう気を引き締めて勉強しないとなぁと思う次第です.

>上の本はドイツ語と英語のようですが、両言語共運用言語でいらっしゃるのでしょうか

ええと,Bloch's Atlas はまだ到着してないんですよね.
このテの中古専門洋書ってamazonの在庫管理が甘いみたいで,高確率で『探したけれど,やっぱりなかったよ.在庫あるって書いてごめんね(意訳)』といったニュアンスのメールがよく届きます.
で,今回発注したBloch's Atlasも『なんか見つかんないかもしれないから.今探してるよ』といった感じのメッセージが届きました.
若干不安です…
Posted by osakana at 2008年07月31日 13:25
osakanaさん、
早々レスを有難う御座いました。

Blochs Atlas、
http://zs.thulb.uni-jena.de/receive/jportal_jparticle_00007590

これは面白そうですね^^
欧州で古書というとこちらがオススメです。18世紀のオリジナルのBlochのが85000Euroで出ています。さっと買うには0が三つ多すぎ(爆)
http://www.zvab.com/index.do
ドイツ語圏の古書店の物件が圧倒的に多いですが、管理が極めて良心的で、古書収集が趣味の私もここは頻繁に利用しています。分野はosakanaさんとは違いますが、中古の学術書もこちらのお世話になっています^^

>魚に関する研究に
>専門分野のことは極力書かない

残念〜、でもなんとなくその事情、わからないでもないです。

>(自腹で)勉強してアップしております.
>よりいっそう気を引き締めて勉強しないと

楽しみにしています。
では今後共、私が一方的に押しかけるだけですが、ネット上の交誼宜しくお願いします!
Posted by shochi at 2008年07月31日 15:12
PS.唐突に申し訳御座いませんが、私のサイトにこちらへのリンクを設けてかまいませんでしょうか?専門家でいらっしゃることは伏せて紹介いたします。
Posted by shochi at 2008年07月31日 15:13
追記:唐突に申し訳御座いませんが、私のサイトにこちらへのリンクを設けてかまいませんでしょうか?専門家でいらっしゃることは伏せて紹介いたします。
Posted by shochi at 2008年07月31日 15:14
>唐突に申し訳御座いませんが、私のサイトにこちらへのリンクを設けてかまいませんでしょうか?


リンク大歓迎です♪
海外の魚関係の人からちょこちょこ問い合わせは来るんですが,英語のやり取りばっかりで…海外在住の日本人の方というのは非常に貴重な存在でございます.
なにより日本語でやり取りできるのが良いですね.



>専門家でいらっしゃることは伏せて紹介いたします。

ただ,ブログの目的・書いてる内容から,基本的にちょっと足を運べば誰でも入手可能な資料(会員専用とか学術機関のみに公開の資料ではないという意味)に限定して書いてますし,意図的に自分の専門分野でない分野を書いてるので,執筆内容に関しては,確実に『専門家ではない』ですね.
もし私的情報や面白いネタがありましたら,トップページにメールアドレスのリンクが貼ってありますので,そちらにもお願いします.
Posted by osakana at 2008年07月31日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102844364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。