2007年08月25日

魚本目録

魚本目録(作品名・五十音順)


1600年代の書籍から,先月発売の書籍まで,ブログ同様ごちゃ混ぜになっております.
リンク先はブクログ(魚本倉庫)と特濃魚汁への感想です.
一応五十音順になってますが,探すのが面倒な場合はctrl + fで探してみてください.

注1:タイトルに下線が引かれているものは、公的研究機関ウェブサイトの貴重書籍データベースです。自由に閲覧可能、無断転載は不可とのこと(当たり前か…)。
注2:国立国会図書館貴重書籍画像データベースは長いので、『NDL』としました。


【あ〜お】

AQUA LIFE (アクアライフ) 2006年 05月号/マリン企画
AQUA LIFE (アクアライフ) 2006年 11月号/マリン企画
AQUA LIFE (アクアライフ) 2007年 05月号/マリン企画
新しい高校生物の教科書/栃内 新 他
アンコウの顔はなぜデカい/鈴木 克美 他
安政大地震絵 (NDL)/作者多数(19世紀後半)
家のまつり/高原 美忠
イカ・タコガイドブック/山本 典暎 他
生き物の水辺―水辺の環境学〈3〉/桜井 善雄
生き物屋図鑑/森口 満→ブクログ
異魚図賛 (NDL)/栗本 丹州(19世紀)
異魚図纂 (NDL)/栗本 瑞見(19世紀?)
出雲国風土記/佐藤 信 他
五つの王国―図説・生物界ガイド/リン マルグリス
移入・外来・侵入種―生物多様性を脅かすもの/川道 美枝子 他
今を生きる古代型魚類 その不思議なサカナの世界/淡輪 俊 他→ブクログ
岩手の魚百科/井田 斎
イワナとヤマメ―渓魚の生態と釣り/今西 錦司
イワナの顔―日本全国58河川、ネイティブの岩魚92態「探査釣行」/和田 悟
イワナの謎を追う/石城 謙吉
岩波生物学辞典 第4版/八杉 龍一 他→ブクログ
魚の歌合 (NDL)/不明(1624-1643)
魚偏漢字の話/加納 喜光→ブクログNEW
浮世絵 一竿百趣―水辺の風俗誌/金森 直治
ウナギ 地球環境を語る魚/井田 徹治
ウナギのふしぎ―驚き!世界の鰻食文化/リチャード・シュヴァイド
ウナギの科学―解明された謎と驚異のバイタリティ/林 征一
海と魚たちの警告/小島 正美
海の生き物100不思議/東京大学海洋研究所 編
海の科學/野滿 隆治
海の動物百科 2/John Dawes
海の味―異色の食習慣探訪/山下 欣二→ブクログ →魚汁
江戸の食卓おいしすぎる雑学知識―庶民からお殿様まで 意外や意外!そのグルメな生活ぶりにはビックリ仰天!/歴史の謎を探る会 編
江戸の釣り―水辺に開いた趣味文化/長辻 象平
江戸の俳諧にみる魚食文化/磯 直道
エビ・カニ類の増養殖―基礎科学と生産技術/橘 高二郎 他
絵馬 (ものと人間の文化史 12)/岩井 宏實
絵馬に願いを/岩井 宏實
應用動物圖鑑/北隆館 編
オオクチバス駆除最前線/杉山 秀樹
オーパ/開高 健→ブクログNEW
オーパ、オーパ!!〈アラスカ至上篇 コスタリカ篇〉/開高 健
オーパ、オーパ!!〈アラスカ篇 カナダ・カリフォルニア篇〉/開高 健
オーパ、オーパ!!〈モンゴル・中国篇・スリランカ篇〉/開高 健
お魚おもしろ雑学辞典 実用版/大洋漁業広報室→魚汁
おさかな東西南北―女性がみた世界の食卓/全国婦人新聞社 編→ブクログNEW

おさかな話/内田 春菊→ブクログ →魚汁
お魚料理の智識/大阪魚株式會社
面白い植物の知識/春陽堂編集部 編
おもしろくてためになる 魚の雑学事典/富田 京一 他
泳ぐDNA/猿渡 敏郎 編


【か〜こ】

海岸動物 (フィールド図鑑)/益田 一 他
貝に卵を産む魚/福原 修一 他
海洋生物の機能―生命は海にどう適応しているか (東京大学海洋研究所/海洋生命系のダイナミクス (2))/竹井 祥郎 編
海洋動物の毒―フグからイソギンチャクまで/塩見 一雄 他→ブクログ
科学クラブ 第5号 魚のくらし/末広 恭雄
化学語源辞典/尾藤 忠旦→ブクログ
科學大系4/トムソン
河川の生態学/水野 信彦 他
河川の生態学 (新・生態学への招待)/沖野 外輝夫
河川生態環境工学―魚類生態と河川計画/玉井 信行 他
河川生態環境評価法―潜在自然概念を軸として/玉井 信行 他
カマキリのエクスタシー―Dr.ダンキチの知ったかぶりネイチャー・サイエンス講座/高橋 団吉 →ブクログNEW
カラーメイキング―ルアーに生命を吹き込む着色法のすべて/主婦と生活社 編→ブクログ
カラー完全版 魚の目利き食通事典/講談社 編→ブクログNEW
王余魚圖彙 (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
川魚入門/マリン企画 編
川と湖沼の侵略者ブラックバス―その生物学と生態系への影響/日本魚類学会 編
川と湖の生態学/川那部 浩哉
川と森の生態学―中野繁論文集/中野 繁
川とヨーロッパ―河川再自然化という思想/保屋野 初子
カワムツの夏―ある雑魚の生態/片野 修
観賞魚解剖図鑑 (1)/落合 明 他
聞き書 滋賀の食事/日本の食生活全集滋賀編集委員会
聞き書 ふるさとの家庭料理〈1〉すし・なれずし/農山漁村文化協会 編
紀州熊野 さかな歳時記/福井 正二郎
奇食珍食/小泉 武夫→ブクログnew
季節の魚 岩波写真文庫/末広 恭雄
京のお魚大集合/京都府立海洋センター 編→ブクログ
魚貝譜/石黒 正吉
魚貝類の毒/橋本 芳郎
魚学入門/岩井 保
魚学概論/岩井 保
魚々食紀―古来、日本人は魚をどう食べてきたか/川辺 浩哉→ブクログNEW
魚図 (NDL)/毛利 梅園(19世紀中半?)
魚蟲譜 (宮城県図書館所蔵)/栗本 丹州(1819-1831)
魚病学概論/室賀 清邦 他
魚病図鑑/畑井 善司雄
魚譜 (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
魚譜 (二軸 第一軸) (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
魚譜 (二軸 第二軸) (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
魚味求真/岩満 重孝
魚名文化圏 イワナ編/鈴野 藤夫
魚類/フランシス・オマニー
魚類 (世界大博物図鑑(2))/荒俣 宏
魚類環境生態学入門/猿渡 敏郎 編
魚類寄生虫学/小川 和男
魚類写生図 (NDL)/木村 静山(19世紀中-後半)
魚類に寄せる詩作の数々/川崎 洋
魚類のDNA―分子遺伝学的アプローチ/青木 宙 他
魚類の受精/岩松 鷹司
魚類の繁殖戦略 (1)/桑村 哲生 他
魚類の繁殖戦略 (2)/桑村 哲生 他
魚類学〈上〉/松原 喜代松
魚類学〈下〉/松原 喜代松 他
魚類学実験テキスト/岸本 浩和 他
魚類生理学の基礎/会田 勝美 他
漁撈伝承 (ものと人間の文化史)/川島 秀一
きんぎょ/久留 幸子→ブクログ
金目鯛の目はなぜ金色なのか/佐藤 魚水
空想自然科学入門/アイザック・アシモフ
くさいはうまい/小泉 武夫→ブクログnew
クラゲガイドブック/楚山 勇 他
渓流生態砂防学/太田 猛彦 他→ブクログ
麑海魚譜/白野 夏雲
月刊海洋 1998年 14号/魚類防疫
「ゲテ食」大全 (DATAHOUSE BOOK)/北寺尾 ゲンコツ堂→ブクログNEW
外道楽―素晴らしきB級釣魚グルメの世界/『磯投げ情報』編集部→ブクログ →魚汁
原色川虫図鑑/谷田 一三 他→ブクログ
原色魚類大圖鑑/北隆館 編
原色日本魚類図鑑 (1961年)/蒲原 稔治 他
現代漢字字典/山田 博→魚汁
現代魚食考/成瀬 宇平
現代農業 2006年 08月号/農山漁村文化協会
誤解しているあなたのための新釈動物読本/別冊宝島 編
小型魚類研究の新展開―脊椎動物の発生・遺伝・進化の理解をめざして/武田 洋幸 他
湖魚と近江のくらし/滋賀の食事文化研究会
極上 歌丸ばなし/桂 歌丸→ブクログ
湖沼の生態学 (新・生態学への招待)/沖野 外輝夫
古代魚総覧/多紀 保彦
古代魚を飼う/内山 りゅう 他
五大陸釣魚紀行 愚か者の杖/夢枕 獏→ブクログnew
五訂日本食品成分表/食品成分研究調査会→ブクログ
湖中産物図証 上 巻一 (NDL)/藤井 重啓(1854)
湖中産物図証 中 巻二 (NDL)/藤井 重啓(1854)
湖中産物図証 下 巻三 (NDL)/藤井 重啓(1854)
湖中産物図証 下 巻四 (NDL)/藤井 重啓(1854)
五百種魚体解剖図説〈第1〉/富永 盛治朗→ブクログ →魚汁
これから食えなくなる魚/小松 正之
ゴンベッサよ永遠に―幻の化石魚シーラカンス物語/末広 陽子


【さ〜そ】

細胞工学 2004年 1月号 ヒト疾患モデルとしてのゼブラフィッシュ&メダカ/秀潤社
ザ・淡水エイ (アクアリウム・シリーズ)/小林 道信 他
再現江戸時代料理/松下 幸子 編
最新のサケ学/帰山 雅秀
細胞の知識 岩波写真文庫/牧野 佐二郎
細胞の分子生物学 第3版/Bruce Alberts 他
細胞の分子生物学 第4版/Bruce Alberts 他
魚―21世紀へのプログラム/河井 智康
さかな異名抄/内田 恵太郎
魚からみた海 (自然の中の人間シリーズ)/農林水産省農林水産技術会議事務局
魚太平記 (奈良女子大学所蔵)/小宮山 道休?(1680)
魚という生物 (自然の中の人間シリーズ)/農林水産省農林水産技術会議事務局
魚とその生活/松原 喜代松
魚との知恵比べ―魚の感覚と行動の科学/川村 軍蔵
さかなと海―日本海道ぐるっと3万キロ/森 茂紀
魚と伝説/末広 泰雄→魚汁
魚に会ふ/岸浪 百艸居
魚のあたま/大西 彬 他
魚の形を考える/松浦 啓一 他
魚の心をさぐる―魚の心理と行動/益田 玲爾
魚の採餌行動 (UP バイオロジー)/佐原 雄二
魚の四季/末広 泰雄
魚の地震予知/小田 淳→ブクログnew
魚の自然史―水中の進化学/松浦 啓一 他
魚の常識/田中 茂穂
魚の世界 獣の世界/内田 恵太郎 他
魚のセックス/金子 治司
魚のつぶやき/高田 浩二
魚のないしょ話/佐藤 魚水→ブクログ →魚汁
魚の名前/中村 康夫→ブクログ →魚汁
魚のはなし/小島 吉雄
さかなの街〈Vol.1〉 (DVDブック)/ジャック・T. モイヤー 他
さかなの街〈Vol.2〉 (DVDブック)/ジャック・T. モイヤー 他
さかなの街〈Vol.3〉 (DVDブック)/ジャック・T. モイヤー 他
魚の剥製の作り方/本田 晋
魚の発酵食品/藤井 建夫
魚の不思議 (図解雑学)/松浦 啓一
魚の風土/末広 泰雄
魚の分類の図鑑―世界の魚の種類を考える/上野 輝弥 他
魚の分類の図鑑―世界の魚の種類を考える 新版/上野 輝弥 他
魚の変態の謎を解く/乾 靖夫
魚の本 (はじめての発見)/Gallimard Jeunesse
魚の本の本/竹村 嘉夫→ブクログ →魚汁
魚の民俗/矢野 憲一
魚ばなれへの挑戦―魚食文化は生き残れるか 改訂増補版/21世紀の水産を考える会 編
サカナはみんな左向き?―カワウソから聞いたホントの話/坂本 勤
魚わが友/末広 泰雄
佐久鯉の歴史/淡水魚研究会 編
サケ・マス魚類のわかる本/奥山 文弥 他
サケ―母なる川に帰る/桜井 淳史
サバの文化誌/田村 勇
鯖ペプタイドの医学―大衆魚から薬用魚への変身/久保 道徳
鮫/矢野 憲一
サメ・ウォッチング/ジョイ・P・ゴールド
サメ―軟骨魚類の不思議な生態/矢野 和成
サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑/谷内 透 他
鮫って怖くないですか/奈々島 幸夫
サメのおちんちんはふたつ―ふしぎなサメの世界/仲谷 一宏
サメは猫より頭がいい!-海のギャングの不思議な素顔/ジョージ・オカガキ
山海名産尽 (NDL)/歌川 国芳(1818-1830)
珊瑚礁の誘惑―中村征夫写真集/中村 征夫
三才圖會 (東京大学漢籍ウェブデータベースプロジェクト)/王圻(1368-1644)
三省堂 生物小事典/三省堂編修所→ブクログ
三省堂 物理小事典/三省堂編修所
散歩の達人 2007年 12月号/交通新聞社
栞と紙魚子と青い馬 新版/諸星大二郎
栞と紙魚子何かが街にやって来る/諸星大二郎
栞と紙魚子の生首事件/諸星大二郎
私家版魚類図譜/諸星大二郎→ブクログ
詩経名物図解 鱗 (NDL)/細井 徇(?)
自然界の驚異/古川 龍城
自然再生の河川工学/Peter C. Klingeman
知っておきたい日本の神話/瓜生 中
写真図鑑 サメの世界/中村 康夫
重訂本草綱目 巻44 鱗部/長野電波技術研究所所蔵
首藤武蔵のハンドメイドルアー入門/エイ出版社 編
種の起原(岩波文庫版)〈上〉/チャールズ・ダーウィン
種の起原(岩波文庫版)〈下〉/チャールズ・ダーウィン
旬の魚はなぜうまい/岩井 保
職業釣り師の悠々釣記/村越 正海
白神山地をゆく ブナ原生林の四季/根深 誠
知床の魚類 (しれとこライブラリー)/斜里町立知床博物館
深海/久保川 勲
深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち/北村 雄一
しんかいの奇妙ないきもの/太田 秀
新顔の魚 1970‐1995/阿部 宗明
尋常小学校 修身書 児童用 巻四
新熱帯魚入門/月刊フィッシュマガジン 編
新版 魚類生理学概論/板沢 靖男 他
新ブラックバスのすべて/週刊釣りサンデー 編
シンプル生化学/林 典夫
ジンベエザメの命・メダカの命―水族館・限りなく生きることに迫る/吉田 啓正→ブクログ →魚汁
新明解 古語辞典 第3版
水族館 ラッコ館長の打ち明け話/中村 幸昭
水族館学―水族館の望ましい発展のために/西 源次郎
水族館の仕事/西 源次郎 他
水族館の通になる―年間3千万人を魅了する楽園の謎/中村 元
水族館のはなし/堀 由紀子
水族館の不思議な生き物/中村 元→ブクログ →魚汁
水族館をまるごと楽しむ!/榊原 繁 他
水族四帖 春 (NDL)/奥倉 辰行(1850頃)
水族四帖 夏 (NDL)/奥倉 辰行(1850頃)
水族四帖 秋 (NDL)/奥倉 辰行(1850頃)
水族四帖 冬 (NDL)/奥倉 辰行(1850頃)
すしの魚/末広 泰雄
すし話 魚話 (カラー新書セレクション)/末広 泰雄
図説 魚と貝の事典/望月 賢二→ブクログ →魚汁
素敵な宇宙船地球号〈1〉/テレビ朝日事業局出版部
ステキな東京魔窟―プロジェクト松/松本 英子→ブクログnew
勢海百鱗 (NDL)/栗本 瑞見(19世紀?)
生化学 基礎の基礎―知っておきたいコンセプト/江崎 信芳 他
生化学辞典 第4版/大島 泰郎 編→ブクログ
生化学・分子生物学 英和用語集/中村 運 編
生態学キーノート/A. Mackenzie 他
性転換する魚たち―サンゴ礁の海から/桑村 哲生
生物学名命名法辞典/平嶋 義宏
生物と無生物のあいだ/福岡 伸一
生物の科学 遺伝 2002年 11月号 琵琶湖の在来淡水魚の危機 他
生物のかたち/ダーシー・トムソン
生理学―はじめて学ぶ人のために―/オルロフ・リッポルド 他
世界怪魚釣行記/武石 憲貴→ブクログNEW
世界釣魚放浪記/残間 正之→ブクログNEW
世界のアロワナ飼育ガイド/アクアライフ編集部 編
世界の生き物に出会う旅 東京・近郊 動物園と水族館/生活情報センター
世界の魚食文化考―美味を求める資源研究/三宅 真
世界の魚―切手水族館/露木 英男→ブクログ
世界のナマズ/江島 勝康
世界秘境リゾートで巨大魚を釣る/浜野 安宏
瀬戸内硬骨魚の内耳アトラス/原田 康夫
先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学/小林 朋道→ブクログnew
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!/小林 朋道→ブクログnew
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学/本川 達雄→ブクログ →魚汁
続々真説 動物学大系 魚づくし/別役 実
続・水辺の環境学―再生への道をさぐる/桜井 善雄
底抜けブラックバス大騒動/池田 清彦


【た〜と】

退化の進化学/犬塚 則久
鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米/吾妻 博勝→ブクログ
鯛のタイ 魚にまつわる面白ばなし/大西 彬→ブクログ
高松松平家所蔵 衆鱗図/香川県歴史博物館友の会博物図譜刊行会
戦う動物園―旭山動物園と到津の森公園の物語/岩野 俊郎 他→ブクログ
ため池の自然―生き物たちと風景/浜島 繁隆 他
淡水生物の保全生態学―復元生態学に向けて/森 誠一
淡水動物の世界/今村 泰二
淡水の魚と生物 (学研の観察図鑑 (4))/学研 編→ブクログ
淡水のルアーミノープラグ大図鑑―湖沼・渓流用390種類1880本を完全ガイド/ルアーフィッシング情報 編→ブクログ
小さな骨の動物園/盛口 満 他→ブクログ
稚魚の自然史―千変万化の魚類学/千田 哲資 他
巷の美食家/開高 健
中華満喫/南條 竹則→ブクログ →魚汁
中国海洋魚類原色図集(1)/中国科学院海洋研究所 編
中国海洋魚類原色図集(2)/中国科学院海洋研究所 編
中国貿易魚介図鑑―東シナ海版―/マルハ株式会社アジア事業部 監修→ブクログ
釣魚大全―完訳 (1974年)/アイザック・ウォルトン
超水族館のウラ・おもて―海遊館ものがたり/日経大阪PR企画出版部
鳥獣魚写生図 (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
釣戦記―ブラックバス琵琶湖リリース禁止裁判/清水 国明
釣り餌大全 餌の迷いを解く本/竹井 誠
釣り魚博士/岩井 保
釣りの科学―新しい釣魚学入門/森 秀人
手づくりルアー完全マニュアルRod and Reel 編
東京湾 魚の自然誌/河野 博 他
東南アジア市場図鑑 魚貝編/河野 博→ブクログ
動物誌(岩波文庫版) (上)/アリストテレース
動物誌(岩波文庫版) (下)/アリストテレース
動物誌 (慶応大学所蔵)/Conrad Gesner(1598)
動物生理学/菅野 富夫 他
動物ないしょ話/亀井 一成
動物の不思議―生物の世界はなぞに満ちている/ニュートンプレス
東莠南畝讖 巻一 (NDL)/毘留舎那谷(1723−1748)
東莠南畝讖 巻二 (NDL)/東莠南畝讖(18世紀前半)
東莠南畝讖 巻三 (NDL)/東莠南畝讖(18世紀前半)
独創ルアーを楽しむ本―カラー版 (ベストセラーシリーズ/米山 邦雄
トゲウオ、出会いのエソロジー―行動学から社会学へ/森 誠一
トゲウオの自然史―多様性の謎とその保全/後藤 晃 他
土佐の魚たち/落合 明
トップウォータープラグ収集読本―見て楽しい、使って楽しい、バスプラグが大集合!/エイ出版社 編→ブクログ
トップウォータープラッガーズバイブル/Rod and Reel 編
トップ堂 No.4 極寒不釣号/エイ出版社
トップ堂 No.6 猛暑苦釣号/エイ出版社
トップ堂 No.7 爆釣期待号/エイ出版社
トップ堂 No.9 陽春待機号/エイ出版社
トップ堂 No.10 釣行夢中号/エイ出版社
トップ堂 No.11 灼熱辛抱号/エイ出版社
トップ堂 No.12 大食快釣号/エイ出版社
トップ堂 No.13 釣行休止号/エイ出版社
トップ堂 No.14 釣果粗末号/エイ出版社
トップ堂 No.15 好釣愉快号/エイ出版社
トビウオは何メートル飛べるか/加藤 憲司→ブクログ →魚汁
トミちゃんのいきもの五十番勝負―手提げコウモリは電気冷蔵庫の夢を見るか? /富田 京一→ブクログ
Troutist 1998年 Vol.8/自然倶楽部 編
Troutist Vol.5 渓流魚のいるところ/自然倶楽部 編
Troutist Vol.8 ミノーの釣は面白いか?/自然倶楽部 編
Troutist Vol.15 ハンドメイドルアーで、釣る。/自然倶楽部 編
Troutist Vol.17 サクラマスの話をしよう。/自然倶楽部 編
Troutist Vol.22 渓流ミノーイング、新しい基準。/自然倶楽部 編
鳥頭紀行 ジャングル編―どこへ行っても三歩で忘れる/西原 理恵子→ブクログ →魚汁


【な〜の】

内分泌生理学講義/佐久間 康夫
NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2008年 4月号 バイオミメティクス 他
鯰―イメージとその素顔/前畑 政善 他
鯰―魚と文化の多様性/滋賀県立琵琶湖博物館
鯰絵―震災と日本文化/富田 登 他→ブクログ →魚汁
ナマズ地震感知法―絶望的な大地震予報に活路を開く/末広 恭雄→ブクログnew
ナマズはどこで卵を産むのか―川魚たちの自然誌/片野 修
南海諸島海域魚類誌/科学出版社 編
南極の自然史―ノトセニア魚類の世界から/川口 弘一
日経サイエンス 2002年 2月号
日東魚譜 一 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 二 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 三 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 四 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 五 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 六 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
日東魚譜 七 (早稲田大学図書館所蔵)/神田 玄泉(1854)
にっぽんのハンドメイドルアー大図鑑/エイ出版社 編→ブクログ
日本産魚名大辞典/日本魚類学会 編
日本全国奇天烈グルメ―残しておきたい郷土食/話題の達人倶楽部 編→ブクログ
日本の味―魚菜と郷土料理/朝日新聞社 編
日本の海水魚/吉野 雄輔 他
日本の外来魚ガイド/瀬能 宏 他
日本の魚―系図が明かす進化の謎/坂本 一男
日本の淡水魚 (山渓カラー名鑑)/川那部 浩哉 他→ブクログ →魚汁
日本の淡水魚類―その分布、変異、種分化をめぐって/水野 信彦 他
日本の博物図譜―十九世紀から現代まで/国立科学博物館
日本のハゼ―決定版/渋川 浩一 他
ネコと魚の出会い―「食」から探る人間と文明の未来/西丸 震哉
熱帯魚繁殖大鑑/東 博司


【は〜ほ】

梅園魚品図正 巻一 (NDL)/毛利 梅園(1835)
梅園魚品図正 巻二 (NDL)/毛利 梅園(1835)
梅園魚譜 (NDL)/毛利 梅園(19世紀)
剥製美術講座 vol.2 鯉編/日本水産美術協会
剥製美術講座 vol.4 熱帯/淡水魚編/日本水産美術協会
発生生物学キーノート/R. M. トゥイマン
ハンド・メイド・ルアー―HMKL&RIVET/秋月 岩魚→ブクログ
ハンドメイドルアー・ワークス―最高峰のルアークラフト/主婦と生活社 編
ハンドメイドルアーの世界 2/エイ出版社 編→ブクログ
ハンドメイドルアーの世界―完全解説 ルアーの作り方/エイ出版社 編→ブクログ
ビオストーリー―生き物文化誌 (第3号)/『ビオストーリー』編集委員会
東シナ海・黄海の魚類誌/山田 梅芳
干潟ウォッチングフィールドガイド―君も干潟生物調査員/市川市 編
ビジュアル版 日本さかなづくし (4集)/阿部 宗明
百魚百句/岩満 重孝
百魚百珍/岩満 重孝
百魚歳時記/岩満 重孝
百魚歳時記 続/岩満 重孝
百鯛図譜―胸鰭から手への進化を探る/津田 武美
標本の作り方―自然を記録に残そう/大阪市立自然史博物館
平本正博のプラグの作り方―オリジナル・ルアーでビッグ・ワンにアタック!/平本 正博
風土記 (東洋文庫)/吉野 裕
フナ―躍るヘラ、金と銀/大塚 高雄
ふなずしの謎/滋賀の食事文化研究会
ブラックバスがいじめられるホントの理由―環境学的視点から外来魚問題解決の糸口を探る/青柳 純
ブラックバスがメダカを食う/秋月 岩魚
ブラックバスを退治する―シナイモツゴ卿の会からのメッセージ―/細谷 和海 他
分子と人間/P. W. Atkins
へんないきもの/早川 いくを 他
方言で調べる沖縄の魚図鑑/横井 謙典
僕らが死体を拾うわけ―僕と僕らの博物誌/盛口 満→ブクログ
骨から見る生物の進化/P. グリ→ブクログ
骨の学校〈2〉沖縄放浪篇/盛口 満
骨の学校〈3〉コン・ティキ号の魚たち/盛口 満
骨の学校―ぼくらの骨格標本のつくり方/盛口 満 他
翻車考 (NDL)/栗本 丹州(19世紀?)
本草図説 (水産)/高木 春山 他→ブクログ
本朝食鑑 3 (東洋文庫)/人見 必大
本朝食鑑 4 (東洋文庫)/人見 必大
本草鳥獣魚貝図譜 魚介之部 一 (NDL)/田中 芳男(1838-1916)
本草鳥獣魚貝図譜 魚介之部 二 (NDL)/田中 芳男(1838-1916)
本草鳥獣魚貝図譜 魚介之部 三 (NDL)/田中 芳男(1838-1916)


【ま〜も】

牧野植物随筆/牧野 富太郎
魔魚狩り―ブラックバスはなぜ殺されるのか/水口 憲哉
鱒たちのメニュー―アングラーに贈るフィールドブック/宮下 力
またまたへんないきもの/早川 いくを 他
マリンバイオテクノロジー―ラボマニュアル/嵯峨 直恒 他
水辺の環境学―生きものとの共存/桜井 善雄
蜜蜂と花時計 少年文庫/内田 亨
宮部みゆきの江戸レシピ/小澤 忠恭
虫の名、貝の名、魚の名―和名にまつわる話題/奥谷 喬司 他→ブクログ
名著復刻養魚講座金魚/緑書房 編
目から鱗の落ちる話/末広 恭雄
メダカと日本人/岩松 鷹司→魚汁
メダカはどのように危機を乗りこえるか―田んぼに魚を登らせる/端 憲司
もっと遠く!―南北両アメリカ大陸縦断記・北米篇 (上)/開高 健
もっと遠く!―南北両アメリカ大陸縦断記・北米編 (下)/開高 健
もっと広く!―南北両アメリカ大陸縦断記・南米篇 (下)/開高 健
もっと広く!―南北両アメリカ大陸縦断記・南米篇 (上)/開高 健
物言う魚たち―鰻・蛇の南島神話/後藤 明
森のフィッシュウォッチング/知来 要
唐土訓蒙圖彙 巻十四 魚介蟲 (九州大学所蔵)/平住 専庵 他(1719)


【や〜よ】

野生魚を飼う/大塚 高雄
野生魚を飼う (フィッシング・プラス (1))/金沢 光
幽霊名画集―全生庵蔵・三遊亭円朝コレクション/辻 惟雄→ブクログ


【ら〜ろ】

ライギョのきゅうしょく/阿部 夏丸 他
落語を食べる/相羽 秋夫
落語を食べる おかわり/相羽 秋夫
落語を食べる そっと出し/相羽 秋夫
栗氏魚譜 第一冊 巻一 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第一冊 巻二 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第一冊 巻四 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第一冊 巻五 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第一冊 巻二十 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第二冊 巻三 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第三冊 巻七 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第四冊 巻九 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第五冊 巻十 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第六冊 巻十一 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第六冊 巻十二 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第七冊 巻十三 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第八冊 巻十四 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第九冊 巻十五 (NDL)/栗本 丹州(1819)
栗氏魚譜 第十冊 巻十七 (NDL)/栗本 丹州(1819)
漁師直伝!魚のたべ方400種―この魚にこの料理/奥本 光魚
ルアー&ロッド手作り入門―釣り人の実践クラフト教室/高田 弘之
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2001年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2002年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2003年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2004年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2005年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2006年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 04月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 05月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 06月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 07月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 08月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 09月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 10月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 11月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2007年 12月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2008年 01月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2008年 02月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2008年 03月号/地球丸
Rod and Reel (ロッド・アンド・リール) 2008年 04月号/地球丸
炉辺 動物記/斐太 猪之介


【わ〜ん】

和漢三歳図会 巻48 (原書コピー版)/寺島 良安→魚汁
和漢三歳図会 巻49 (原書コピー版)/寺島 良安→魚汁
和漢三歳図会 巻50 (原書コピー版)/寺島 良安→魚汁
和漢三歳図会 巻51 (原書コピー版)/寺島 良安→魚汁
和漢三歳図会〈7〉 (東洋文庫)/竹島 淳夫→ブクログ →魚汁
私の釣魚大全/開高 健
私はチョウザメが食べたかった。/末広 陽子


【洋書】

ABISSI/Claire Nouvian
Art Forms in Nature (Dover Pictorial Archives)/Ernst Haeckel
Atlas of Freshwater and Marine Catfishes/Warren E. Burgess
AUSTRALIAN FISH and how to catch them/Richard Allan
Collect Fish on Stamps (Stamp Catalogue)/Stanley Gibbons→ブクログ
COMMON REEF FISHES OF THE MALDIVES part1/R. C. Anderson
COMMON REEF FISHES OF THE MALDIVES part2/R. C. Anderson
COMMON REEF FISHES OF THE MALDIVES part3/R. C. Anderson
DANMARKS NATUR/Jul Schiott
Developmental Biology 6th eds/Scott F. Gilbert
DOMINO FRESHWATER FISHES
Dr Burgess's Atlas of Marine Aquarium Fishes/Warren E. Burgess
Fauna Japonica 魚類編 (京都大学所蔵)/Philipp Franz Balthasar von Siebold(1842-1850)
Fauna Japonica 魚類編 (福岡県立図書館所蔵)/Philipp Franz Balthasar von Siebold(1842-1850)
Fish Face/David Doubilet
Fish Skulls: A Study of the Evolution of Natural Mechanisms/William K. Gregory→ブクログ →魚汁
Fishes of the World 4th eds/Joseph S. Nelson
Fossil Fish Found Alive: Discovering the Coelacanth/Sally M. Walker
Guia de peces Mediterraneos Nicolas sanches-Biezma
Hooked on Bass/Mike Ladle
Inshore Salt Water Fishing: Learn from the Experts at Salt Water Sportsman Magazine/Saltwater Sportsman Magazine
Leitfaden der Zoologie/O. Schmeil
Living Fishes of the World/Earl S. Herald
MAGIA DER MAR/David Doubilet
Maldives/Kurt Amsler
MARVELS OF THE UNIVERSE
Offshore Salt Water Fishing: Learn from the Experts at Salt Water Sportsman Magazine/Saltwater Sportsman Magazine
Poissons, je vous aime…/Mireille Gayet
Reef Fish of Thailand
Salt Water Fishing Tactics: Learn from the Experts at Salt Water Sportsman Magazine/Editors of Creative Publishing
Shark (Eyewitness Books)/Miranda MacQuitty
THE BIOLOGY AND EVOLUTION OF LUNGFISHES/General Supplement: Journal of Morphology
The Complete Aquarium - encyclopedia of tropical freshwater fish/R. E. Maddison Eds
The Most Complete Colored Lexicon of Cichlids: Every Known Cichlid Illustrated in Color/Herbert R. Axelrod
The Physiology Of Fishes (Marine Biology) 3rd eds/David H. Evans
The Pocket Guide to Freshwater Fish of Britain and Europe/Michell Beazley
The Practical Encyclopaedia of Koi/Anne McDowell
Trout and Salmon of North America/Joseph R. Tomelleri


にほんブログ村 科学ブログへ

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
posted by osakana at 03:31| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(3) | 魚本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
osakanaさん、こんばんは。
流石凄い読書量でいらっしゃいますね。
この目録には助かります。あまりこちらで日本の図書を注文すると値段が日本の倍になる為破産いたします(^^次回の帰省の際欲しいタイトルが書き出しできて便利です。

そういえば日記でもでてくるネタですが、ルアーをお作りなのですね。釣のことは全くわかりませんが、湖が歩いて2,3分の距離ということもあり釣道具屋が我が家のすぐそばにあり、魚の囮なのか浮きなのか?ショーウインドーを覗きながら不思議に思っておりました。
Posted by shochi at 2008年08月31日 01:40
>湖が歩いて2,3分の距離ということもあり釣道具屋が我が家のすぐそばにあり、魚の囮なのか浮きなのか?ショーウインドーを覗きながら不思議に思っておりました

う〜ん…ものすごく興味がありますねぇ…
ヨソの国ではどんな釣具を使っているのか。
実は数年前にいったマンチェスターでは実地調査をしたのですが、残念なことに休業日だったんですね。
日本(高級釣具として)、アジア諸国(廉価釣具として)、欧米諸国(ルアー釣りの歴史が古いので)の釣具が同じ店舗内で販売されているのが現状なので、うかつに海外旅行に出かけているヒトに土産として頼むのも難しかったりするのが現状です。
まぁ地元のヒトにとっては予算に応じ、選択の幅が広い方がいいでしょうから、当たり前なんですがねぇ。
しかも、わざわざ資料のために釣具を買いたがる、非釣具関係者なんてのも珍しいでしょうし。
Posted by osakana at 2008年10月12日 22:39
ブログコメントありがとうございました〜
http://blogs.yahoo.co.jp/aquaplans/MYBLOG/profile.html

すごく濃いブログですね。。。
普段は観賞目的で接することが多いので、こう言ったネタは”目から鱗”です。
またのぞかせてもらいます!
Posted by アクアプラン at 2009年03月07日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105301291

この記事へのトラックバック

ハンドメイドルアー・ワークス―最高峰のルアークラフト
Excerpt: ハンドメイドルアー・ワークス―最高峰のルアークラフト
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-21 12:03

驚異の未知動物コレクション (空想博物誌シリーズ)
Excerpt: 驚異の未知動物コレクション (空想博物誌シリーズ)  とにかく、ツッコミどころ満載の本です。  まず、分類の表記が項目ごとに...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-09-05 20:54

アトラス「ペルソナ4のネタバレはやめろ!」「愚か者には、死よりも辛い真実が待ち受けている」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/13(水) 17:24:01.29 ID:3XwWvcdK0 ?PLT(12000) ポイント特典ネタバレはダメ!『ペルソナ4 ザ..
Weblog: 【2chまとめ】ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
Tracked: 2012-06-14 15:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。