2010年07月26日

旅モノその29 魚探し@ワンダーフェスティバル2010夏 前編

少人数しか見ていないブログの良いところ.
あと数回残っているリサイクル企画をさし置き,唐突に別の話題を入れることができちゃうのである.
というわけで今回はワンダーフェスティバル(以下ワンフェス)の話題なぞ.
ワンフェスとは早い話が毎年夏冬にオタクの祭典としてニュースになっている同人誌即売会こと‘コミケ’の立体物バージョンみたいなもの.
ほとんどはキャラクターもののフィギュアの販売なのだが,一部生物系フィギュアを販売しているブースがあり,『おぜうのフィギュアいいのあったお♪』とかそういうのをかき分けてピンポイントで狙うのである.
ターゲットが違うだけで,端から見たら一緒だけど…

実は2007年に一度行ったことがあり,その時の様子は『旅モノ ゆりかもめ湾岸ぶらり』で触れているが,エレベーターの事故で会場が幕張メッセに変更.
多くの人にとってだいぶんアクセスが不便になったようだが,千葉に引っ越した僕にとっては,以前と同様近場なのである(ワンフェスのために引っ越したわけではない).

さて.
ちょっと寝坊し,会場に着いたのは8時半.

wf2010s01.jpg
写真1.幕張メッセ

wf2010s02.jpg
写真2.長蛇の列

10時開場のはずだが,すでに長蛇の列.
ちなみにこれ,会場の周囲1周分の列である.
数万人規模のイベントゆえこの状況は珍しくないが,’無能の人’の登場人物の『くぅ〜暑いなぁ』というセリフが脳内で連呼する.
とりあえず待ち時間に付箋を貼っておいたブースの位置を確認.
学会でブース周りをしている時に思いついた方法で,ジャンル別に色分けすることで探し漏れを防ぐのである.
若干目立つのが難点だが.
ちなみに赤は魚関係,黄色はその他生物,青は知り合い,緑はそれ以外である.

ws2010sguide2.jpg
写真3.ガイドブック(兼入場券)


炎天下で待つこと2時間強,ようやく入場.

wf2010s03.jpg
写真4.会場内の様子


詳細な様子は以前とそうそう変わらないので,パス.
覗いたブース・入手した商品などを一挙公開.

1.工房西岡
木で丸っこい生物系フィギュアを作るサイト.
以前買った商品が下の写真(5a).
前も書いたが,作者の西岡さんという人,写真5bのルアー等で世間を賑わせた某ブランドの黎明期を支えたすごい人なのである.
今回はシュモクザメが欲しかったのだが,予算の関係でパス.

wf2010s04.jpg
写真5.aフナ,bラージマウスベイブ(手前)とホッツィートッツィー(奥)

2.夢金魚
本日の購入一品目.
名前ですぐ分かったので直行したブース.
ランチュウとリュウキンのフィギュアを購入.
蓄光剤が入っており,暗闇でも光る.
キンギョは尾鰭パーツが面倒なので,こういうのを見ると無条件に感動.

wf2010s05.jpg
写真6.aリュウキン(左)とランチュウ(右),b発光時

3.NOBE-CHIN
会場を徘徊していたら偶然発見.
熱帯魚系フィギュアのうち淡水エイとロイヤルプレコを購入.
これからも出てくるので,ここで一応説明しておくと,販売されている商品は写真7のような状態で購入し,自分で組み立て・塗装をすることが多い.
手抜きとかそういうことではなく,自分で企画・製作したプラモデルを売っている感覚なのである.

wf2010s06.jpg
写真7.淡水エイ(左,未塗装)とロイヤルプレコ(右,未塗装)

4.外骨格生物模型
無脊椎動物系メインだったが,アカグツとタツノオトシゴのフィギュア…というか型を取って抜いたモノを購入.
それにしても良くまぁアカグツなんて注目したもんだ…と感動.

wf2010s07.jpg
写真8.aアカグツ(未塗装),bタツノオトシゴ(未塗装)


5.はにわや工房
ちょっと魚から外れたが,可愛さにやられ,ゾエアも購入.

wf2010s08.jpg
写真9.aシルバーアロワナ,bゾエア


なんだか長くなってしまったので,後編に続く


にほんブログ村 科学ブログへ

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
posted by osakana at 00:49| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は実は生物フィギュア収集も趣味としているので、
WFは憧れのイベントの1つですね。
いつかは行ってみたいと思っていますが、
遠いのでなかなかいけなくて・・・

ここで紹介されているタツノオトシゴとアカグツは、
本物の骨格を形にして製作されたものなんですか!?
魚でこれをやるなんて、
なかなか面白いですね!
Posted by Phos at 2010年08月06日 01:45
Phos様

>ここで紹介されているタツノオトシゴとアカグツは、
本物の骨格を形にして製作されたものなんですか!?

直接聞いたわけではないのですが,ヒレがあまりにも薄くて破損している物が多かったので,実際の生物から抜いたんじゃあないかと思っておりました.
同じブースで陳列してあったモンハン系のフィギュアと比較すると,明らかに型からの抜きやすさを無視したような形状でしたので...
Posted by osakana at 2010年08月06日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157442454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。