2011年05月04日

魚話その178 かいじう!!

●魚がモチーフになった怪獣


前回も紹介したが,2011年2月上旬に,葛西臨海水族園にて3度目のミツクリザメの生体展示が行われた.
今後加圧水槽を使うことで,長期飼育も可能になるかもしれない.
深海魚生体(長期)展示への夢は膨らむ.

さて.
『ミツクリザメといえば,思い出すのが…』というくだりで始めても,多くの若人には『なんのこっちゃ?』ということになるかもしれないが,そのまま続けてしまう.
このサメ,ガメラシリーズに登場する怪獣,ジグラ(図1a)のデザインに反映されているという.
言われてみれば,確かにその面影が出ている.
図鑑でよく目にする,口が飛び出た状態をモデルにしたのであろう(図1b).
しかし,前回の写真や動画から分かるように,(少なくとも飼育下の)通常遊泳時には一度も口を突き出すことはなかった.
『あいつも黙っていれば××なのに…』という表現があるが,口が飛び出ていない時のミツクリザメは,普通のサメである.
ちなみに映画版(オリジナル)ではここまで尻尾にサメっぽさがない.
このフィギュアは作製時にサメをかなり意識したのではないかと想われる.


sb17801.jpg
図1.ジグラ a)全体像,b)頭部拡大


形態的特徴を使ったという観点では,帰ってきたウルトラマン(新マン)などに登場した,ムルチ(図2a,b)もまた,サケ科魚類の雄によく似ている.
産卵期を迎えたシロザケやカラフトマスなどのサケ科魚類の雄は,‘鼻曲がり’と呼ばれる顔の変形が見られる(図2c).
アップの写真が無いのが残念だが,曲がった口元からちらりと見える牙はかなり恐ろしい.
牙は相当鋭く,実際に手を切った…しかも異臭騒ぎでトラウm(ry
余談だが,新マンのムルチが登場する回はストーリーが良いので,興味のある方は是非(魚とは無縁).


sb17802.jpg
図2.a)ムルチ(全体像), b),ムルチ(頭部), c)産卵期のシロザケ


また,ウルトラマンレオに登場する円盤生物,ハングラーは,アンコウ(図3)を彷彿とさせる.
扁平な胴体,大きな口,そして目の間にイリシウム(誘引突起)とエスカ(擬餌状体)を持つ.
フィギュアを持っていれば示しやすいのだが,残念ながら所有していない.
そもそも販売されていたかさえ不明だ.
ガレージキットなどの小ロット製作は見つかるが….
気になる人は『円盤生物 ハングラー』で検索して欲しい.


sb17803.jpg
図3.キアンコウ a)背面,b)エスカ(青矢印)とイリシウム(赤矢印)


一方,変わりダネとして,ウルトラマンに登場するグビラ(図4)がある.
顔の先端のドリルが特徴的であったため,カジキの類がモデルであろうと最初は思っていた.
しかしよく見ると,体表の模様がモンガラカワハギにそっくりなのである.
恐らくベースはモンガラカワハギなのであろう.
特に頭〜背鰭にかけての黄地+黒点,腹側の黒地に白点あたりは非常にそっくりだ.
ここに牙などの‘怪獣’アレンジを加えたものと思われる.


sb17804.jpg
図4.グビラ


実は魚をモチーフとした怪獣・メカは他にもいるが,今回はモデルとなった(であろう)生物の写真もしくはフィギュアを所有している怪獣に限定した.
『お気に入りの●●が紹介されていないのはなぜだ!』と落胆する特撮マニア諸兄がいるのは重々承知している.
一応今回は『身近なところにも魚がモチーフに使われている』という一例のつもりで紹介したのだが…手持ちのコレクション資料が増えたら,また紹介してみたいと思う.


本日の魚
キアンコウ(Lophius litulon
シロザケ(Oncorhynchus keta
ミツクリザメ(Mitsukurina owstoni
モンガラカワハギ(Balistoides conspicillum
posted by osakana at 02:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 魚話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199090329

この記事へのトラックバック

ガメラ:11年5月第一週の小ネタいろいろ
Excerpt:  本日四本目の更新です。 一本目「前半のケズメ情報 」はこちら。 二本目「 第1週のフィギュア情報(その1) 」にはこちらより。 二本目「 同 (その2) 」は、こちらから。 本項では、今週拝見した..
Weblog: ガメラ医師のBlog
Tracked: 2011-05-07 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。