2011年10月14日

旅モノその34 管理人のいちばん長いホネの日 その2 〜ホネとり物語〜

前回も書いたが,実は展示テーマが決まったのはサミットの1ヶ月前のことだ.

今回は個人出展で申請しており,素人魂というブログ(あんまり影響ないけれど)も伏せておいたため,来場者は完全に『無名の新顔』の展示を見ることになる.
そんな中で漠然と『魚のホネを取りました〜』と全身骨格を表示するだけではインパクトに欠けるし,時間がない.
そこで,テーマを絞って来場者に分かりやすい展示をすることにした.

魚の骨格といえば鯛のタイや耳石,脊椎骨なども考えられるが,来場者は魚好きという保証は全く無いため,却下.
そもそも魚に縁のない人にとっては,ホネ好きと言えどマニアックすぎる.


tabi03401.jpg
ナマズの脊椎骨(上)とキンメダイの『鯛のタイ』(下)


そこで候補になったのは魚の顎.
魚の頭は見かける機会が多い割に,主上顎骨(唇っぽい部分)などに隠れて歯を見ることは少ない.


tabi03402.jpg
アオメエソ(上)とアカアマダイ(下)


サイズによっては見づらいこともあるので,マクロ撮影した写真も掲載し,分類や餌などの各種情報も盛り込むことにした.
ついでにホネだけでは持ち主の形が分からないので,生体の写真も載せることにした.
いくつか隠しネタも仕込んだが,またいずれ触れることに.
全身骨格と異なり,展示物は小さくまとまってしまうため,また,来客が自分なりの視点で傾向を見出してストーリーを作れるよう,可能な限り展示数を増やしたい.

目標は100種類以上.
方向性が決まった段階で手元にあった骨格標本は20種類程度.
撮影や編集の時間も考えると,9月中旬には終わらせたい.


tabi03403.jpg
この作業のおかげで食卓は床に変更


週末にまとめて処理するので,ペースはまちまちだったが,0時頃帰宅してから朝5時頃まで作業し,7時半頃に出勤準備という生活パターンが1ヶ月ほど続き,三十路を迎えた体にはなかなか堪えるものがあった.
『仕事暇なんでしょ?』とよく言われるが,半分は当たり,残り半分は上記の時間帯で作業しているので,何とかなっているのである.
徹夜に強い体で良かった.
もともと短眠だし(3〜4時間で目が覚めてしまう).

tabi03404.jpg
血と涙と酒の結晶・・・


とまぁ自分の老体報告はさておき,ホネ取りが終了し,今度はホネ撮り.
実は組み立ててしまうと個別のパーツの撮影ができなくなるので,はじめにパーツ別の撮影を行った.
撮影したのは左右対称な魚の場合は左側の骨格4種の外側と内側.
レンズの関係で被写界深度が浅いため,三脚の雲台にフォーカシングレールを設置し,ピントを固定したカメラを1mmずつずらしながら撮影していく.
パーツ撮影が終わってから組み立てと完成品の撮影.
この段階で9000枚の写真データができたのだが,展示で使用するのは完成品の写真のみなので,今回は無縁のデータである.
結局完成品の撮影で3000枚が追加され,のべ12000枚の写真データとなった.
ちなみに写真データはJPEGではなくRAWなので,トータルで約200GBほどある.
ここからPhotoshop Lightroomで色調補正とJPEG出力→Photoshopで被写界深度の拡張とトリミング→Illustratorで資料のレイアウト作製となり,最終的に展示資料の総ファイル容量が300GBになってしまった.
なんだかカメラのシャッター耐久試験とPCのベンチマークテストをしている気分である.
サミットが終了した今だから落ち着いているが,当時は4TBある自宅の外付HDDが一気に埋まっていくのを見て,ヒヤヒヤしたものだ.


tabi03405.jpg
展示写真の一例(A4サイズに2魚種で60枚弱)


実はこれと並行して約20ページの配布資料もIllustratorで作製しており,こちらも600MBにのぼり,ウェブ配布は断念.
自宅のレーザープリンターで地道に印刷し,約2000ページ刷ったのだが,ある事情により一般配布をやめた.
このままでは悔しかったので,身内用には業者に製本して配り,一般配布用はネタ供養のために魚話の『供養企画』に繋げることにしたのであった.
posted by osakana at 21:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230441618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。