2006年09月20日

珍マン遊記その8 〜帰国〜

まずは帰国前日の話。
この日は体調がすぐれなかったのと、早めのチェックアウトだったのとで、夜遊びもせずに部屋でシコシコ荷造りをしていた。
で、何気にテレビをつけてみると、ロンドンとマンチェスターで反テロ法違反の容疑者14人が逮捕とかいうニュースが繰り返し報道されていた。
ロンドンとマンチェスターが一晩中ライブ中継で報道され、かなりビビりながらベッドでウトウトしていたら、23時ごろ突然の爆音が。
とうとう始まった(←何が?)か…と思って外を見たら『Fuckin' Crazy !!! Ha Ha Ha!!!』とかほざいている酔っ払い学生達の打ち上げた花火だった。

manchester firework1.jpg

manchester firework2.jpg

manchester firework3.jpg

manchester firework4.jpg
おマンチェスターのお学生様たちのお花火(通称ファッキン花火)

そういえば、19時ごろからドンツク重低音を響かせてパーティーをやってる寮があったっけ…

せっかくの眠気も覚めてしまい、最後の夜を堪能しに夜のコンビニへ。
もちろんエロ本の立ち読み。
イギリスのエロ本は無修正なのである。
無修正画像はネットが普及しているこのご時世に珍しくも何ともないけど、やっぱり印刷されたものを堂々と売っているところに日本との違いを感じる。
アラブ系の店員と女性店員がムチャクチャ訝しげな顔でこちらを見る。
万引きと間違えられるのもアレなので、酒を一本購入。
なんとなく気まずいので、支払いがてら言い訳なぞをしてみる。

僕『ポルノの研究をしていて、日本との違いを調べている』
店員『そうか。なんで日本のポルノはモザイクをつけるんだ?』
僕『刺激が強いと考えてのことじゃないか?でも、大事なところにモザイク入れたら、イザという時困ると思わないか?』
店員『…』
僕『だから日本は少子化が進むんだよ』
店員『…』

ホラを吹いてさっさと部屋に戻る。
ちなみに、海外から日本にポルノ関係を持ち込むのは違法なので注意!!

で、翌朝。
というか出国の日。

長かったようで短いイギリス滞在。

manchester grand.jpg
マンチェスター大学のグランド

manchester departure.jpg
朝日が昇る

このまま朝日に向かっていけば、絵になる終わり方になるのだが。
背を向けてすらなく、斜め50度くらいに朝日を見つつ、ホテルを発った。
現実はそんなにうまく行かない。

イギリスで本を買いすぎて、スーツケースが5キロ以上重い。
さっさと荷物を預け、身軽になる。
早く来すぎたため、空港で4時間ほど時間をつぶすに。
入国よりもダルダルな雰囲気の空港。
特にやることもないので、まずは早めの昼食。

lunch at manchester airport.jpg

で、空腹が満たされたら、次は酒。
免税店で購入したウィスキーを呑みながら便(トイレじゃないよ)を待つ。

4時間後、無事に飛行機に乗るものの、イギリスの国内線が30分以上遅れ、ギリギリで国際線に乗り継ぐ。
帰りの機内はかなりガラガラで、自由に席を移動できた。
で、比較的ゆったりしている、部屋の最前席に陣取る。
隣には誰もおらず、10時間の旅も快適に過ごせると思いきや…

離陸後3時間ほどで機内の照明が消えるのだが、突然隣の列から桃色吐息が聞こえてきた。
外人のおっさんと20代そこそこの日本人女性が暗闇に乗じてナンヤラ始めたのだ。
コトが済むと今度はピロートークが酒混じりで繰り広げられる。

こうして僕は一睡もできないまま日本に到着したのであった…。

空港を出ると日本はまだまだ夏。
屋内外の過剰な温度差に辟易し、早くもイギリスの快適な気候を思い起こさせる。
が、聞こえてくる日本語に安心する。
8日ぶりに携帯電話を開きメールをチェックすると、一件もメールが来ていないのであった…(痛)
posted by osakana at 02:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24034195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。