2014年03月22日

魚話その199 地名水族館

●日本には魚の地名がいくつあるのか?


つい先日の話.
出張で京急線に乗っていたところ,鮫洲駅なる駅を通過した.
ボ〜っと外を見ていると,今度は鮫浜小学校なる学校が.


sb19901.jpg
図1.鮫洲駅の切符


今から10年ほど前,東北へ出張した時にも『鮫』なる名前の駅を発見し,たものの,時間がなくて行けなかったことを思い出した.
そうだ,今回は国内に散らばる魚の地名をピックアップすることにしよっと.

さて,地名を調べるにあたり,日本郵便のウェブサイトから郵便番号データをダウンロードし, 12万超のデータから『魚』が付く地名を黙々と探すことにした(暇人).
検索した文字は図1の通り.


sb19902.jpg
図2.検索した『さかな』の漢字一覧
スペース的な問題で,魚的に意味が通じそうな読みに絞って掲載.


本当は『釣』や『網』といった関連国も調べたかったのだけれど,別の意味を指す可能性も高く,今回は魚が含まれる漢字に限定した.
鯨や漁など,魚以外の生物や,魚にちなんだ事象まで含まれているが,漢字の中に『魚』がいるということで.
世の中皮肉なもので,データ検索の終了直前に『7桁郵便番号検索サービス』なる素敵な地名検索サイトを発見してしまい,念のため2回目の探索を行った(暇人).
見つかった魚種は図2に示すようにかなり多く,比較的ありそうな『鮎』や『魚』のみならず,鱸(スズキ)や鰍(カジカ)など,想像以上にバリエーションに富んでいた.


sb19903.jpg
図3.検索の結果ヒットした『魚』の割合


さて,集計結果.
どう集計したものか迷った結果,最も生データに近い状態である郵便番号でとりあえず集計してみると,新潟,富山,福井の北陸3県が断トツに多いことが分かった.
魚沼や魚津,鯖江など一度は耳にしたことがある地名の郵便番号が異様に多いためで,全体の半分近くを占めているのだ(図4).


sb19904.jpg
図4.郵便番号に占める県別の『魚』数(クリックで拡大)
カッコ内の数値は,『魚』の郵便番号数を示す


ただし,郵便番号は同一市町村であっても大字等が異なるために複数カウントしてしまうことがある.
そこで今度は地名の中に含まれる魚の漢字をピックアップし,『魚』種の多様性を評価してみた(北陸の牙城を崩せるかもしれないし…).


sb19905.jpg
図5.地名に占める県別の『魚』種数(クリックで拡大)
カッコ内の数値は,市町村,町大字中の各『魚』数を示す(重複を除く).


郵便番号カウントでは出てこなかった愛知県や青森県,宮城県などが浮かび上がってくるのが興味深い.
全国的に見ても,太平洋側で,アジやサメ,カジカなど『魚』種のバラエティーに富む傾向にある.
郵便番号の日本海,多様性の太平洋でしためでたしめでたし…と綺麗に終わるかと思いきや,新潟県は,『魚』種数も8種類とトップで,郵便番号数,多様性ともに『魚』にちなんだ土地柄として王座に君臨していることが分かった.
ちなみに,駅名も探したものの,約1万ある駅のうち,魚が含まれる駅は23で,これまた新潟が上位に食い込んでいた(図5).


sb19906.jpg
図6.駅名に占める県別の『魚』種数(クリックで拡大)
カッコ内の数値は,駅名中の各『魚』数を示す.


さて冒頭の鮫州,現在は住所としては既に廃止されてしまったようである.
代わりに地名の由来を調べるため鮫洲駅近辺を散策したところ,打ち上げられたサメの腹から木像が出てきたためという説を鮫洲八幡神社で発見した.
他にも諸説あるようだが,ここでは割愛.


sb19907.jpg
図7.鮫洲八幡神社


なぜ急にこんなことを書いたかというと,たった一ヶ所でもこのような由来があり,このブログではとても紹介しきれないため(決して手抜きではない).

漁獲量や年間消費量など,様々な『魚の本場』を示すデータはあるが,たまにはこんな変わりフィルターで覗いてみるのも面白いかもしれない.


参考文献
日本郵便…郵便番号データ(csv形式)の提供
7桁郵便番号検索サービス…魚の付く地名を検索
ジョルダン 乗換案内・時刻表・運行情報サービス…魚の付く駅名を検索
Wikipedia…駅名と路線のチェックに使用
鮫洲八幡神社横の公園の掲示板…鮫洲の語源の解説
角川漢和中辞典


生データをアップロードしておいたので,興味のある人は見てくださいな.
急いで集計したので,数え間違いはごめんなさい…
sb199配布用.pdf
posted by osakana at 02:34| 千葉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 魚話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。

今回のお話しは面白い視点ですね。地名と魚の名前の関係はあまり考えた事なかったですね。
お話しの中で、珍しく「新潟県」が取り上げられていたので、余談になりますが、ちょっとお話しさせていただきます。

私の親戚が新潟県の上越地方に住んでいるのですが、その土地では方言で魚の事を「よう」と言います。
子どもの頃、じいちゃんに
「今日もよう釣りに行くのか」
と聞かれたことがありました。最初、そう言われた時は方言を知らないから
「ううん、夜釣りはいかないよ」
って答えてました。すると親戚のみんなが笑いながら、
「じいちゃんは魚釣りに行くのか?って聞いてんだよ。(夜釣り)じゃなくて「よう釣り」だよ。」
って教えてくれました。
また、10年ほど前でしょうか。テレビのクイズ番組で、やはり新潟のどこかの土地で、「ようのこ」という食べ物がありますが、それは何でしょう?というのをやっていました。
その答えは、「イクラ」でした。イクラはシャケの卵〜魚の卵〜魚の仔〜「ようのこ」という流れになっているそうでした。
ですので、新潟の一部の地方では、例えば、「魚沼」なんかの場合、本当にさかなの「うお」から来たのか、それとも最初に「うおぬま」という言葉があって、そこにさかなの「魚」を当てはめたのかは、ちょっと興味あるところですね。
反対に、もしかして名前に「よう」が付く地名があったとすると、そこも魚に由来した名前の土地なのかもしれませんね。
今回のお話しの趣旨とは少しずれるかと思いますが、そんな方言もありますよ、というお話しでした、
Posted by いぞらど at 2014年03月22日 11:46
いぞらどさま

コメントありがとうございました.
『よう』ですか,なかなか興味深いですね.

『魚』という字には,『さかな』『うお』『ぎょ』の他に,『うを』『いお(いを)』『お(を)』『な』などというのもありますよね.
ハリヨ(針魚)や糸魚川などを加えると,『よ』や『い』も加わりましょうか.
それぞれの読みがどのような変遷で結びつくのか,実は調べ切れていないのですが.
『よう』の場合,新潟〜山形の辺りでサケをイヨボヤ(詳しくないのですが,いずれも魚を表すイヨ+ボヤだそうですね)と呼んだりするので,『よ』もしくは『いお(いを)』辺りから転じているのではないかと妄想しております.

魚沼に関しては,こちら(http://www.nihonjiten.com/data/115231.html)によると諸説あるようですが,『魚が遡上する川』という意味であった場合,『いお(いを)』という共通の古語から,それぞれの読み方に分岐して定着したのかな,とも考えられます.
語源が複数あって本来の意味がはっきりしないので,『いお(いを)』とのつながりは僕の憶測ですけれどね.
Posted by osakana at 2014年03月22日 12:56
こんにちは、ご無沙汰しております。
2011年のホネホネサミットではお世話になりました、沖縄の佐藤です。

図4,5によると、沖縄だけ魚関連の地名はありませんね・・・。
しかしながら、沖縄は東村に、まさしく「魚」という名前の場所がありまして、読みも沖縄の方言で魚を指す「いゆ(う)」です(魚泊とも呼ばれているようですが・・・)。どうやら集落の地名であるため、郵便番号検索には出ないようです。
ここまで「魚」な地名も珍しいかと思い、コメント致しました。
Posted by satou at 2014年03月22日 22:11
佐藤さま

おおっお久しぶり.
佐藤君みたいな面白いヒト,もちろん覚えていますとも.
あの頃はまだ大学に入りたてだったけれど,もうだいぶん時間が経ちましたね.
お元気ですか?
関東に来た際には,是非とも我が家にも遊びに来てくださいな.


>どうやら集落の地名であるため、郵便番号検索には出ないようです。

ネットの強みですね,まさにこういう情報を待ってました.
筒底の地域の情報尾を集めると偏ってしまうので,『何らかのルールで客観的な線引きを行う』というルールにした結果,今回の記事のような内容になりましたが,恐らく大字よりも小さい単位の方が方言や地元の特徴を色濃く残した名称が残っているんじゃないかと思っています.
日本郵便の取扱がない,集落単位の名称ってどうやったら網羅できるんでしょうね?
関連用語しかり,方言しかり,古語しかり,加えたい地名は多々あるのですが,僕の偏りなしに満遍なくピックアップする方法がちょっと思いつかないです.
あったら絶対に図に加えたいと思っているんですよね.
というわけで,進展があったら,是非とも追加したいと思います.
Posted by osakana at 2014年03月22日 23:20
osakana様

沖縄に来てからちょうど三年経ちまして、骨の方も、とても進展致しました。またホネサミのような発表・交流の場があれば参加したいと考えております。
また魚交換も如何でしょうか。


>日本郵便の取扱がない,集落単位の名称ってどうやったら網羅できるんでしょうね?
東村の「魚」も、ネットでは東村役場公式HPで確認できるくらいで、グーグルマップやYahoo!地図その他の地名検索などでも引っかかりません。。
ちなみに、僕はマップル沖縄県道路地図という地図を使っていますが、それに載っていたのを見たのが知ったきっかけです。
Posted by satou at 2014年03月23日 10:35
佐藤さま

やっぱりそうだよね、細かな地名を全国網羅するのは難しそうだなぁ。
現時点で、郵便番号が12万ちょいあって、それよりも細かい区分が何倍に膨れ上がるんじゃろ…

>魚交換

いいですなぁ。
ヘラヤガラ(追加)とか、オニダルマオコゼ(追加)とか、ツマリテングハギとか、胸熱な魚が一杯ですわ。
メールもらえれば、住所お知らせしますぜ。
こちらも何か送れる魚があれば、探しときます。


ちなみに、仕事で2012年に2週間ほど瀬底の方に出張してたんだけどね、人と会う時間が全く時間が取れなかったわ…
Posted by osakana at 2014年03月23日 16:27
osakana様

たしか、メールのやり取りはまだでしたね

メールの欄に記入しておきました。捨てアドですので、一度ご連絡いただければ常用しているアドレスから連絡致します。

では、失礼致します。
Posted by satou at 2014年03月23日 17:33
佐藤さま

おやおや?見当たらないけれど、弾かれちゃったかな?
Posted by osakana at 2014年03月23日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392236842

この記事へのトラックバック