2014年11月12日

旅モノその45 サメとホネと台風と… その5 〜そして誰もいなくなった〜

ホネサミ最終日.
24時間スパをチェックアウトし,空を見上げると,地面は濡れているものの台風はどこへやらといった空模様.

tb04501.jpg

tb04502.jpg

tb04503.jpg

このままイケるのでは…と思いつつ準備を行う.
初日の屋外ブースから屋内へ移動したため再セットアップしていると,Galvanicの骨オヤジさんから電話.

『暴風警報が出たので,中止になったらしいっす…』

これが開場15分前の出来事.

tb04504.jpg

どうやら大阪自然史博物館は,『大雨洪水警報では休館にしないけれど,暴風警報は休館』という方針のようで,雲間から微妙に青空が覗く不思議な天気の中,撤収を開始.
JRは夕方からの運休を決定していたので,ちょうどよかったのかなと考えることにし,ダラダラ片付ける.

今回はお留守番代行という,ソロ出展者にとって非常に助かるシステムがあったのだけれど,台風や休暇日程の関係で来客は初日に集中すると予想し,あまり出歩かなかった.
そんなわけで,片付けしつつ他のブースを見学(スタッフの人ごめんなさい).

沖縄生物標本(S君いつもありがとう)
tb04505.jpg
tb04506.jpg

透明標本クリスタル
tb04508.jpg

甲羅区(の中の人)
tb04507.jpg

魁!!骨塾
tb04509.jpg

他のブースは早々に切り上げてしまっており,結局撮影できず.
気になる人は『集え骨好き! 第3回ホネホネサミット、2014年10月12、13日に開催決定!!!『ホネホネサミット2014、はっじまっるよー☆』『もういくつ寝るとホネホネサミット2014』『ホネホネサミット2014 台風との戦いの記録』あたりがお勧め.
で,夕方前には帰宅.
そんな感じのホネサミ2014だった.

全体的に,興味を持ってブースに来てくれるお客さんは長時間話していく人が多く,直前まで悪あがきした甲斐はあったと感じた.
また,今回はブログと同じようなデザインで掲示物を作製したため,『ブログ見てますよ〜』と声をかけてくれる人もちらほらおり,プチオフ会の様な気分にもなった.
ネットでは上手く書けない微妙なニュアンスも,スケッチを交えての対話でかなりスムーズに進むので,基本的には展示ブースでの対面やり取りは大好きだ.
ただ,失敗した方のシュモクザメしか気付いてもらえなかったりと,展示スペースにもう少しゆとりを持たせた方が良かったかなとは考えている.
もし次ホネサミに参加することがあれば,その辺を改善したいところだ.
posted by osakana at 13:27| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408783277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。