2016年01月04日

旅モノその46 もにあ旅

京都のみやこめっせで開催された生物系物販イベント“いきもにあ”に参加してきた.
tb04601.jpg

台風による中断でホネサミ2014が不完全燃焼に終わってしまったので,今回も樹脂を用いた軟骨魚類のホネ取り展示を主軸にしてみた.
ただ,物販メインのイベントということもあり,手ぶらで帰すのも申し訳ないので,“誰得土産”を急遽用意することに.
先着順にすると不公平になり,景品の押しつけも好きではないので,“当たり”を引いた人が好きな景品を選べるようにしてみた.
で,用意したのは以下の物品.

誰得くじ
・ハコフグ半身骨格
tb04602.jpg

・アカヤガラ頭骨
tb04603.jpg

・ウツボ頭骨
tb04604.jpg

・ワラスボ頭骨
tb04605.jpg

・ギンザメの背鰭の棘&アカエイの尾鰭の棘
tb04606.jpg

・ノコギリザメ胎仔の液浸標本&ヘラツノザメ胎仔の液浸標本
tb04607.jpg

・改造P-899x第3の手
tb04608.jpg
tb04609.jpg

・外れくじ兼ポストカードを3種類
tb04610.jpg

tb04612.jpg

tb04611.jpg

誰得資料
・魚のホネ資料横断検索
tb04613.jpg

tb04614.jpg

・マダイ頭骨検索チャート
tb04615.jpg

冷凍庫整理もできるしこりゃいいわいと思っていたのだが,想像以上に作業は難航,特に誰得資料2点が実にヘビーで誤植不可避なのは明白,チキンなので早々に誤植発見時の対応策を併記.
誰得資料2点に関してはダウンロード配布も見越しているので,詳細はいずれブログで紹介したい.

タダ補正(仕事柄副業ができない)ということが大きいと思うのだけれど,奇特な方々のおかげで無事に全部配布することができ,とても身軽な帰路となった.
とりあえず魚のホネに関心がある人が案外いることもわかり,今後参加するイベントでもやってみたいところだ(冷凍庫整理にもなるし).

翌日は友人のスカルチュラさんのお誘いで,モノづくり系の作家さん達による粘土会なるイベントへ.
粘土会とは,モノづくりをしている作家さんが一同に会してスカルピーを捏ね,規定時間内に形にするというイベントで,いつか覗きに行ってみたいと思っていた.
僕自身は何かモノづくりをしている訳ではないのだけれど,変なツイートばかりしていたら『あの人が何作るのか見てみたい』となり,招待された.
ただ,過去にルアーを作っていた関係で,木などに下絵を描いて削っていく造形に慣れてしまったため,粘土を足して造形するという逆の作業はとても苦手なのである.
そんなわけでかなり不安ではあったのだけれど,そもそも会場の雰囲気が堅苦しくなく,楽しくできたから良しとしたい.
tb04616.jpg

そんな感じで12月の関西を後にしたのであった.
posted by osakana at 22:42| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432110518

この記事へのトラックバック