2007年03月29日

魚本番外編 情報募集

最初に断っておくと、蒐集が趣味というわけではない。
読んで情報を仕入れるために入手するのが目的である。
基本的に参考図書とはいっても、過去の記憶を頼りに書かれていたりすることもあり、引用書籍のミス、誤解等も含まれている可能性がある。
できるだけ引用書籍は自分の目で確かめたいのだ。
さらに、蒐集されていた魚本が何らかの理由で家で埃をかぶっている可能性もゼロではない。
そういう魚本を安く譲っていただければ、カネがない僕にとってもありがたいのである。
もし不要な書籍の中に、以下のリストに該当するものをお持ちでしたら、

こちら

に連絡下さい。

そんなわけで、欲しい書籍のリストを掲載。

五百種魚体解剖図説
渋沢敬三 編
昭和40年
角川出版 発行
1巻のみ所有。
全5巻あり、揃えで15万円ほど。
第1巻は流出数が多く、数千円で入手できるのでつい購入してしまったが、他の巻が無いと図説としての意味を成さない。


・新編麑海魚譜(げいかいぎょふ)
阿部宗明 解説
昭和54年
島津出版 発行
廉価版(白黒図版)のみ所有。
フルカラーの魚譜を希望。
ネット上の古書店相場で4万円近く、価格的に購入できない。


・グラバー魚譜200選
長崎大学水産学部 監修
2006年
長崎文献社 発行
1000部限定販売だったのと、グラバー図譜に掲載されている種の4分の1しかないこと、非売品のグラバー魚譜が比較的簡単に閲覧できたため、購入時期を逃した。
200選も豪華版という体裁で高価だったため、手が出せなかった。


・Bloch's Atlas [Allgemeine Naturgeschichte Der Fische]
怪人荒俣宏言うところの、『世界一美しい魚図鑑』の復刻版。
高額なため、手が出ない。


・書籍不明(存在も不明)日本四大魚譜は渋沢敬三が発案したものとされており、グラバー図譜、栗氏魚譜、ファウナ・ヤポニカ、日本水産魚譜がそれに該当するとされている。
ただし、ウェブ上では『ソース不明』とされている。
しかし、渋沢敬三に直接日本四大魚譜に関して質問した人が、ウェブ上に情報を流すとも考えにくく、何らかの形で書籍にうずもれているものと思われる。




情報・書籍等お持ちの方がございましたら、連絡お待ちしております。




E-mail




にほんブログ村 科学ブログへ
posted by osakana at 22:27| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

文献評価

このブログで使用している文献にはいろいろ存在する。
僕が実際に実験・観察したもの、他者が実際に実験・観察して論文にしたもの、その論文をまとめあげて総説にしたもの等々。
これは国内の雑学本にも当てはまり、『〜らしい』とか『〜と○○に書かれているらしい』と載っていることがある。
へぇ〜なるほどという感じで読む場合には問題ないのだが、このブログを読んでくれる方々の中には卒論の取っ掛かりとなる情報を欲している人もいるようだ。
そんなわけで、以下の基準(独自基準)により文献を分類してみようと思う。

0次文献
僕が実験・観察した未公開データ

1次文献
他者が実際に実験・観察した公開論文で、原著論文に限る

2次文献
原著論文をまとめあげた総説論文で、4分の1以下の2次資料の引用は可

3次文献
大学教官などの専門家が自分の分野に関して一般向けに書いた解説本

4次文献
引用文献に4分の3以上の3・4次資料を使用した雑学本、公的機関のweb情報

5次文献
引用文献を掲載していない本、引用元が不明なweb情報

こんな感じだろうか。
これまで掲載した参考文献に、暇を見つけて資料の次数をふっていく予定である。

ただしあくまで個人的な区分なので、鵜呑み厳禁だ。
まぁ資料探しの助けになれば幸いである。
posted by osakana at 01:12| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

カテゴリ内容一覧

カテゴリ内容一覧

魚話の目次…各魚話を一言で紹介。

魚話…魚に関するあれこれ。ソースを掲載しているので真偽は各人で判断してください。

飼育つれづれ…我が家で飼育している魚の近況。

筆者からの連絡…基本的に更新遅滞の言い訳コーナー。

魚本…自宅に所蔵している魚本の感想等。停滞気味。

更新情報…携帯電話ユーザーが見やすいように設けたコーナー。常にトップに来るようにしてある。

旅モノ…『魚話』取材旅行の裏話などなど。

移植モノ…『特濃魚汁』以前にに書いた魚エピソードを移植したもの。
posted by osakana at 15:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次 『魚話その151』〜『魚話その200』

タイトルをクリックすると、直接その記事を見ることが出来ます。

『魚話その151』…図鑑の方向統一の利点
『魚話その152』…図鑑が左向きである理由
『魚話その153』…サメとチョウザメ
『魚話その154』…チョウザメを食す
『魚話その155』…ウナギをいろいろ調理してみた
『魚話その156』…古文件に登場するチョウザメ
『魚話その157』…シイラを食べてみた
『魚話その158』…バショウカジキの捕食シーンの撮影に成功
『魚話その159』…動物園のサルは人間にはならない
『魚話その160』…このブログにおける真骨類の系統的な位置
『魚話その161』…サメの心臓を食べてみた
『魚話その162』…ヤツメウナギの蒲焼きを食べてみた
『魚話その163』…アンコウを買って調理してみた
『魚話その164』…ボウズギンポを買って解剖してみた
『魚話その165』…原稿用紙と江戸時代の書物に見られる模様『魚尾』について
『魚話その166』…背骨から延びる,いわゆる『小骨』について
『魚話その167』…ホウライエソとトウジンを入手した
『魚話その168』…2009年末も食べた変わり種
『魚話その169』…Photoshop CS4の被写界深度の拡張機能について
『魚話その170』…うなぎ文について
『魚話その171』…資料写真における体軸・長さ・色の基準
『魚話その172』…サカタザメを解剖したら胎仔がいた
『魚話その173』…ノコギリザメを解剖したら胎仔がいた
『魚話その174』…カスザメを買ってきた
『魚話その175』…パノラマ合成と深度合成
『魚話その176』…透明標本は対比染色が必要
『魚話その177』…ミツクリザメの遊泳動画を撮影
『魚話その178』…魚がモデルの怪獣
『魚話その179』…論文で使う特殊文字の入力法
『魚話その180』…ホネ取りに養生テープを活用する
『魚話その181』…オオカミウオを食べつつホネ取り
『魚話その182』…耐水紙を使うと解剖字のメモ書きが捗る
『魚話その183』…防振マットは解剖器具の収納に便利
『魚話その184』…漫然と写真を撮っても後で種同定できないことがある
『魚話その185』…マクロ撮影に便利な小物など
『魚話その186』…軟骨魚類でもホネは石灰化している
『魚話その187』…軟骨魚類の骨格標本作成について
『魚話その188』…未年には魚ネタを紹介できない
『魚話その189』…軟骨魚類の骨格標本作成0
『魚話その190』…軟骨魚類の骨格標本作成1
『魚話その191』…コンタミを減らす実験操作
『魚話その192』…軟骨魚類の骨格標本作成2
『魚話その193』…軟骨魚類の骨格標本作成3
『魚話その194』…魚類サンプルの冷凍保管
『魚話その195』…水族館で魚を撮影するコツ(補足)
『魚話その196』…あったら欲しい電子版の魚図鑑
『魚話その197』…論文の『孫引き』という意味
『魚話その198』…大学には様々な人がいる
『魚話その199』…魚名が付いた市町村は新潟県が最多
『魚話その200』…ホネ取りで注意が必要な薬品


posted by osakana at 01:43| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次 『魚話その101』〜『魚話その150』

タイトルをクリックすると、直接その記事を見ることが出来ます。

『魚話その101』…かなり大きいアナハゼの生殖突起
『魚話その102』…鰓の微細構造と鰓面積
『魚話その103』…資料探しに役立つウェブソース
『魚話その104』…魚卵製品とその親
『魚話その105』…東京浅草坂東報恩寺の俎板開き
『魚話その106』…公開されている魚の貴重書サイト
『魚話その107』…細長い魚の尻尾の境界
『魚話その108』…解剖道具について
『魚話その109』…差別用語を含む標準和名の変更
『魚話その110』…魚の味覚について
『魚話その111』…解剖用精密ピンセットについて
『魚話その112』…サクラが付く名前の魚
『魚話その113』…グラスキャットフィッシュについて
『魚話その114』…加須市のジャンボこいのぼり
『魚話その115』…双眼鏡とデジカメで手軽に望遠撮影
『魚話その116』…多摩川の遡上アユ他
『魚話その117』…深川でドジョウ鍋を食べてみた
『魚話その118』…生物の実験で使う紙製品あれこれ
『魚話その119』…ティラピア全身骨格標本作成1日目
『魚話その120』…ティラピア全身骨格標本作成2日目
『魚話その121』…ティラピア全身骨格標本作成3日目
『魚話その122』…ティラピア全身骨格標本作成4日目
『魚話その123』…ティラピア全身骨格標本作成5日目
『魚話その124』…ティラピア全身骨格標本作成6日目
『魚話その125』…ウツボの第2の口
『魚話その126』…魚類骨格標本の画像倉庫
『魚話その127』…銀粘土で銀細工
『魚話その128』…中国と日本の漢字の魚種の違い
『魚話その129』…中国と日本の漢字の魚種の違い
『魚話その130』…ニュースで魚種を誤訳
『魚話その131』…ハイギョの肛門は左右にずれる
『魚話その132』…螺旋腸の系統進化
『魚話その133』…精密工作用ナイフあれこれ
『魚話その134』…魚(真骨類)の鱗について
『魚話その135』…軟骨魚類の鱗について
『魚話その136』…ガーの特殊な鱗について
『魚話その137』…ヤツメウナギの干物を購入してみた
『魚話その138』…ウナギは猛毒魚
『魚話その139』…ちょっと変わった魚料理を買った
『魚話その140』…ちょっと変わった魚料理を作った
『魚話その141』…東北の珍味冷頭なます
『魚話その142』…透明標本について
『魚話その143』…資料の信憑性について
『魚話その144』…魚類の血液循環
『魚話その145』…かわら版と鯰展
『魚話その146』…実験室の必需品
『魚話その147』…北欧の臭い缶詰を食した
『魚話その148』…北欧の臭い缶詰の成分
『魚話その149』…シラウオの話題あれこれ
『魚話その150』…世界の魚図鑑の方向



posted by osakana at 00:45| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次 『魚話その51』〜『魚話その100』

タイトルをクリックすると、直接その記事を見ることが出来ます。

『魚話その51』…街中で深海ザメの置物を発見!
『魚話その51+α』…スウェーデンからメールが来た!
『魚話その52』…魚の動体視力は結構良い
『魚話その53』…他力本願で手軽に骨格標本作り
『魚話その54』…ドジョウとアブラハヤの雌雄の見分け方
『魚話その55』…キリスト教と魚の結びつき
『魚話その56』…水中写真を撮ってみる
『魚話その57』…上を向く魚
『魚話その58』…海外でも同じ名前と違う名前
『魚話その59』…金魚の歴史
『魚話その60』…御守りに使われる魚
『魚話その61』…おせち料理のカタクチイワシ
『魚話その62』…雪の日に釣れる訳
『魚話その63』…ちょっと変わった釣り餌
『魚話その64』…魚を焼いた煙の意外な用途
『魚話その65』…サンマの咽頭歯
『魚話その66』…出雲国風土記に登場する魚
『魚話その67』…アカエイの毒針
『魚話その68』…ヤツメウナギのエピソード
『魚話その69』…サメはペニスを2本持つ
『魚話その70』…コイ科魚類の咽頭歯
『魚話その71』…カワムツとヌマムツの見分け方
『魚話その72』…イワシカレーとイワシの栄養素
『魚話その73』…イワシカレーとサバカレーの感想
『魚話その74』…木魚と魚の関係
『魚話その75』…ホンソメワケベラの共生
『魚話その76』…文献の探し方
『魚話その77』…サメは本当におしっこ臭いのか?
『魚話その78』…ドジョウのなれずしを食べる祭りがある
『魚話その79』…なれずし〜すしのルーツ
『魚話その80』…アカエイの絵馬は痔の治癒祈願
『魚話その81』…焼酎『鍛高譚』に登場する魚の正体
『魚話その82』…ヒラメとカレイのホントの見分け方
『魚話その83』…MIUのオマケの深海魚コレクション
『魚話その84』…江戸時代の初ガツオの価格
『魚話その85』…サメの顎の骨格標本の作り方
『魚話その86』…胃を持たない魚
『魚話その87』…釣りで使われる単位
『魚話その88』…トビウオの絵馬を見てきた
『魚話その89』…ハモの歯並びについて
『魚話その90』…京都で食べてきた魚あれこれ
『魚話その91』…サメのらせん腸の解剖図
『魚話その92』…サメの歯の生涯本数
『魚話その93』…タウナギの全身骨格
『魚話その94』…魚が描かれた切手
『魚話その95』…食性と鰓の形態
『魚話その96』…出世魚の名前の変化
『魚話その97』…意外なマンチェスターの釣り対象魚
『魚話その98』…ハリセンボンのトゲの数
『魚話その99』…デジカメのハウジング
『魚話その100』…ルアーの作り方



posted by osakana at 00:44| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次 『魚話その001』〜『魚話その50』

タイトルをクリックすると、直接その記事を見ることが出来ます。

『魚話その001』…魚の視力について
『魚話その002』…なんとメダカも飛び跳ねる
『魚話その003』…お魚カルタの復刻
『魚話その004』…ファインディング・ニモと魚の性転換
『魚話その005』…命名法と変わった名前の魚
『魚話その6』…イカの口器について
『魚話その7』…貝に産卵するタナゴの発生はちょっと変
『魚話その008』…小さなイワナの繁殖戦略
『魚話その009』…いろんな形の釣り針
『魚話その10』…骨格標本のいろいろな作り方
『魚話その11』…土用のウナギに関する話題あれこれ
『魚話その12』…魚も水温より体温を高くできる
『魚話その13』…魚の耳石から回遊の仕方がわかる
『魚話その14』…縞模様のある魚の伝承
『魚話その15』…寒冷地方の魚の凍らない工夫
『魚話その16』…フグゲノムプロジェクト
『魚話その17』…ウナギのさばき方東西事情
『魚話その18』…ちょっと変わった魚の交尾
『魚話その19』…実は美味しい魚たち
『魚話その20』…魚の名前にまつわるエピソード
『魚話その21』…魚の標本管理事情
『魚話その22』…タウナギの話題いろいろ
『魚話その23』…タウナギの睡眠はどうなっているのか?
『魚話その24』…ライギョを調理してみた
『魚話その25』…空気呼吸をする魚
『魚話その26』…メガマウス発見のエピソード
『魚話その27』…ウロコをキラキラさせる物質について
『魚話その28』…サバの語源
『魚話その29』…サバの伝承
『魚話その30』…『サバを読む』の語源
『魚話その31』…デジカメで手軽に顕微鏡写真を撮る
『魚話その32』…中国で『鮎』は『ナマズ』のこと
『魚話その33』…魚の鼻
『魚話その34』…『魚=さかな』は戦後のこと
『魚話その35』…飲酒とラーメンは良い組み合わせ
『魚話その36』…意外と知らないヒゲの本数
『魚話その37』…サンマの生態
『魚話その38』…分類学の疑問
『魚話その39』…鯛のタイって何ぞ?
『魚話その40』…地震とナマズ
『魚話その41』…イワナの語源
『魚話その42』…魚類で最大の派閥もスズキ
『魚話その43』…記載のためのスケッチ法
『魚話その44』…メガマウスの写真を撮影してきた
『魚話その45』…サメの動画とサケガシラの写真を撮影してきた
『魚話その46』…九州のナマズ信仰の聞き込み取材とその結果
『魚話その47』…アユ以外の友釣り
『魚話その48』…釣った魚の胃から出てきた変なモノ
『魚話その49』…変わった名前の魚第2弾
『魚話その50』…脊椎動物のクローン



posted by osakana at 00:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

魚種別の目次

魚種別の目次(ベータ版)


種名の後ろに振った数字は登場する魚話の回(リンク付).
検索を簡易化するため,目は五十音順とした.
魚話で扱ったか否かは別として、自前で写真か標本かフィギュアを持っている魚種.
下線を引いた魚種は,ネタに取り上げたのみの魚種で画像も実物も持っていない.


円口類
無顎上綱 Agnatha
 →ヌタウナギ綱 Myxini
  - ヌタウナギ目

    ・オオホソヌタウナギ109
    ・クロヌタウナギ109
    ・ヌタウナギ
    ・ホソヌタウナギ109
 →頭甲綱 Cephalaspidomorphi
  - ヤツメウナギ目

    ・カワヤツメ:68137139162
    ・シベリアヤツメ68
    ・スナヤツメ:68162
    ・ミツバヤツメ68

軟骨魚類
軟骨魚綱 Chondrichthyes
 →全頭亜綱 Holocephali
  - ギンザメ目 Chimaeriformes

    ・ギンザメ83128130
    ・ギンザメの1種Callorhinchus capenensis):130
    ・ゾウギンザメ130
 →板鰓亜綱 Elasmobranchii
    ・サメspp18206666
  - カグラザメ目 Hexanchiformes
    ・ラブカ
  - カスザメ目 Squatiniformes
    ・カスザメ:174
  - ツノザメ目 Squaliformes
    ・カラスザメ
    ・フトツノザメ
  - テンジクザメ目 Orectolobiformes
    ・ジンベエザメ158
  - ネコザメ目 Heterodontiformes
    ・ネコザメ
  - ネズミザメ目 Lamniformes
    ・アオザメ5880128
    ・シロワニ:45   
    ・ネズミザメsp161
    ・マオナガ:
    ・ミツクリザメ:5151α83
    ・メガマウス:2644
  - ノコギリザメ目 Pristiophoriformes
    ・ノコギリザメ:173174
  - メジロザメ目 Carcharhiniformes
    ・イタチザメ58
    ・チヒロザメ109
    ・ドチザメ:58698591135153154164165169174
    ・トラザメ:58
    ・ナヌカザメ
    ・ホウライザメ167
    ・ヨシキリザメ58
  - ガンギエイ目
    ・ガンギエイ:128
    ・サカタザメ:172174
    ・カスベsp168
  - シビレエイ目
    ・シビレエイspp128
  - トビエイ目 Myliobatiformes
    ・アカエイ:67
    ・ウシバナトビエイ:69
    ・オニイトマキエイ128
    ・淡水エイ(Potamotrygon motoro):6791
    ・マダラトビエイ45
  - ノコギリエイ目 Pristiformes
    ・ノコギリエイ:173


硬骨魚類
肉鰭綱 Sarcopterygii
 →シーラカンス亜綱
  - シーラカンス目 Coelacanthiformes

    ・シーラカンス:3383
 →ハイギョ亜綱
  - オーストラリアハイギョ目 Ceratodontiformes
    ・ネオケラドトゥス
  - ミナミアメリカハイギョ目Lepidosireniformes
    ・Protopterus amphibius2533
    ・Protopterus annectens2533165
    ・Protopterus dolloi2533126131132
条鰭綱 Actinopterygii
 →分岐鰭亜綱 Cladistia
  - ポリプテルス目 Polypteriformes

    ・Polypterus bichir
 →軟質亜綱 Chondrostei
  - チョウザメ目 Acipenseriformes

    ・アムールチョウザメ:153154165
    ・オオチョウザメ(ベルーガ):104
    ・カラチョウザメ156
    ・ダウリアチョウザメ156
    ・ハシナガチョウザメ156
    ・ヘラチョウザメ:104
    ・ホシチョウザメ(セブルーガ):104
    ・ロシアチョウザメ(オシェトラ):104
 →新鰭亜綱 Neopterygii
  - アミア目 Amiiformes
    ・アミア
  - ガー目 Lepisosteiformes
    ・スポッテドガー:136
    ・ガーsp25
 →真骨類 Teleostei
  - アカマンボウ目 Lampriformes

    ・アカマンボウ
    ・サケガシラ:45
    ・テンガイハタ:83
    ・リュウグウノツカイ
  - アシロ目 Ophidiiformes
    ・セダカイタチウオ109
  - アロワナ目 Osteoglossiformes
    ・アジアアロワナ:134
    ・アロワナ
    ・Gnathonemus sp.(エレファントノーズフィッシュ):40
    ・ピラルクー:2543
  - アンコウ目 Lophiiformes
    ・アンコウ163
    ・イロカエルアンコウ109
    ・ウルマカエルアンコウ109
    ・エナガカエルアンコウ109
    ・オオモンカエルアンコウ109
    ・カエルアンコウ109
    ・カエルアンコウモドキ109
    ・カスリカエルアンコウ109
    ・キアンコウ:163166
    ・クマドリカエルアンコウ109
    ・クロアンコウ109
    ・ソウシカエルアンコウ109
    ・チョウチンアンコウ:163
    ・ヒメヒラタカエルアンコウ109
    ・ベニカエルアンコウ109
    ・ボンボリカエルアンコウ109
    ・ムチカエルアンコウ109
    ・ロケットカエルアンコウ109
  - ウナギ目 Anguilliformes
    ・アサバホラアナゴ109
    ・マアナゴ:138155
    ・ウツボ:125126
    ・ウナギ:11131733669495102107135138152
      155166170
    ・チンアナゴ
    ・ハモ:19899095126138166
  - カサゴ目 Scorpaeniformes
    ・アイナメ
    ・アナハゼ:101
    ・ウッカリカサゴ5
    ・オニオコゼ:60
    ・カサゴ
    ・カジカsp:101566142
    ・キチジ:152
    ・キホウボウ
    ・ギンダラ
    ・クサウオsp15
    ・コチ
    ・サブロウ
    ・ザラビクニン:83
    ・ツマリホウボウ109
    ・トクビレ(ハッカク)
    ・ニライカサゴ109
    ・ハオコゼ
    ・ホウボウ:110126
    ・ホッケ:19168
    ・ホテイウオ:165
    ・ミノカサゴ
    ・メバル:57
    ・ヤマトコブシカジカ109
  - カダヤシ目 Cyprinodontiformes
    ・カダヤシ
    ・カダヤシsp50
    ・グッピー
    ・ヨツメウオ67
  - ガマアンコウ目 Batrachoidiformes
    ・ガマアンコウ
  - カライワシ目 Elopiformes
  - カラシン目 Characiformes
    ・ピラニア:
    ・ネオンテトラ
  - カレイ目 Pleuronectiformes
    ・オオクチヤリガレイ109
    ・カレイの仲間8182171
    ・ヌマガレイ8182
    ・ヒラメ:3198182142
    ・マコガレイ:126
  - カワカマス目 Esociformes
  - キュウリウオ目 Osmeriformes
    ・アユ:133247669094116129
    ・シラウオ:66139149
    ・ワカサギ:112149152
  - キンメダイ目 Beryciformes
    ・オニキンメ:83
    ・キンメダイ:27
    ・サクラエビス112
    ・マツカサウオ
  - ギンメダイ目 Polymixiiformes
  - クジラウオ目 Stephanoberyciformes
    ・ホソミクジラウオ:83
  - コイ目 Cypriniformes
    ・アブラハヤ:11448545670116129140
    ・イタセンパラ7
    ・ウグイ:4766112139
    ・オイカワ:129
    ・カネヒラ7
    ・カマツカ
    ・カワムツ:71
    ・キンギョ:12505986126
    ・ギンブナ:3642505966
    ・ゲンゴロウブナ:42
    ・コイ:236374042485963708694105115
    ・コウライドジョウ
    ・シマドジョウ:42
    ・ゼニタナゴ7
    ・ゼブラフィッシュ:130
    ・ソウギョ36
    ・タイリクバラタナゴ78
    ・タナゴsp63
    ・ニゴロブナ78139
    ・ニッポンバラタナゴ742
    ・ヌマムツ71
    ・ハクレン:2
    ・ハス
    ・ヒガイ112
    ・フクドジョウ36
    ・ホトケドジョウ36
    ・マドジョウ:1819203136425054597879
      107110117135
    ・モツゴ:142
    ・ヤリタナゴ42
    ・European Bream97
    ・European Catfish97
    ・European Carp97
    ・European Crucian Carp97
    ・Perch97
    ・Pike97
    ・Roach97
    ・Tench97
  - サケ目 Salmoniformes
    ・アマゴ
    ・アメマス:40
    ・イワナ:18941485695100
    ・サケ科魚類66
    ・シロザケ:210183766104139141
    ・ニジマス:4852144
    ・ブラウントラウト102
    ・ヤマメ:1591348112129142
    ・レイクトラウト68
  - サケスズキ目 Percopsiformes
  - シャチブリ目 Ateleopodiformes
  - スズキ目 Perciformes
    ・アオハタ
    ・アオバダイ:171
    ・アオブダイ
    ・アカアマダイ
    ・イケガツオ:140
    ・イシダイ:63
    ・イッテンサクラダイ112
    ・ウキゴリ:116
    ・ウサゲンゲ109
    ・ウミタナゴ
    ・オオカマス
    ・オオカミウオ:164
    ・オオクチイシナギ1443
    ・オオクチバス:524243
    ・オオモンハタ
    ・オジサン:536
    ・オニカマス
    ・カクレクマノミ:4
    ・カジキspp12
    ・カツオ:128494161
    ・カムルチー:242542126140
    ・カンパチ
    ・キツネダイ
    ・キノボリウオ25
    ・キュウセン
    ・キュウリエソ
    ・ギンポ
    ・グラミーsp25
    ・クロダイ4636696
    ・クロマグロ42
    ・ゲンゲsp15
    ・コウタイ24
    ・コウライケツギョ
    ・コウライマナガツオ
    ・コオリカマス(ノトセニアsp.)15
    ・サクラダイ112
    ・サクラテンジクダイ112
    ・ササノハベラの仲間
    ・サワラ
    ・シイラ:154157165
    ・シナマナガツオ
    ・シロギス:42
    ・スズキ:42669596142166
    ・スミクイウオ
    ・セダカクロサギ109
    ・タイリクスズキ
    ・タイワンドジョウ24
    ・タチウオ:2757
    ・タナカゲンゲ:165
    ・チカメキントキ27
    ・チョウジャゲンゲ109
    ・チョウチョウウオ42
    ・テッポウウオ
    ・テンジクタチ
    ・トビハゼ:2553126
    ・ナイルティラピア:168
    ・ナイルパーチ130
    ・ニベ20
    ・ネンブツダイ
    ・ノロゲンゲ:164
    ・ハゲブダイ
    ・ハタハタ:42
    ・バショウカジキ:1158
    ・ハナフエダイ112
    ・バラムツ
    ・ヒメジ:110
    ・ヒラマサ:19
    ・ビリンゴ
    ・ヒレジロマンザイウオ:95
    ・フエダイの1種Lutjanus fulviflamma):75
    ・ブダイの1種(Chlorurus sordidus):75
    ・ブリ:199496123
    ・ブルーギル:852140
    ・ベラの1種Thalassoma bifasciatum):8
    ・ベラ類:42
    ・ボウズギンポ:164
    ・ホウライヒメジ167
    ・ホンソメワケベラ75
    ・マアジ:31995126
    ・マサバ:2829304266737994139
    ・マグロの仲間122366
    ・マダイ:3994126
    ・マツダイ
    ・マナガツオ:171
    ・ミシマオコゼ
    ・ムツゴロウ:139
    ・ムロアジ3
    ・メダイ
    ・モザンビークティラピア:119120121122123124134166
    ・ヤワラゲンゲ109
  - タウナギ目 Synbranchiformes
    ・タウナギ:422232593126
    ・Symbranchus sp.(南米タウナギ):
  - ダツ目 Beloniformes
    ・サンマ:19376586166
    ・ダツ
    ・トビウオsp:708688104
    ・メダカ:2126139158171
  - タラ目 Gadiformes
    ・スケトウダラ104
    ・ソコダラsp(トウジン):167
    ・マダラ104
  - デンキウナギ目 Gymnotiformes
  - トウゴロウイワシ目 Atheriniformes
  - トゲウオ目 Gasterosteiformes
    ・イトヨ:8139142
    ・アカヤガラ:171
    ・サギフエ
    ・タツノオトシゴ:14575860
    ・ヘコアユ:14
    ・ヤリテング
  - ナマズ目 Siluriformes
    ・アカザ:129
    ・アメリカンチャンネルキャットフィッシュ168
    ・ギギ129
    ・ゴンズイ:36
    ・トランスルーセントグラスキャットフィッシュ:113
    ・ナマズ:1832364046587879129145
    ・レッドキャット(Heteropneustes fossilis
  - ニギス目 Argentiniformes
  - ニシン目 Clupeiformes
    ・ウルメイワシ
    ・カタクチイワシ:61
    ・キビナゴ
    ・コノシロ6466
    ・ニシン:104166
    ・ニシンsp:139147148
    ・マイワシ:2727395139
    ・リュウキュウキビナゴ109
  - ネズミギス目 Gonorynchiformes
    ・サバヒー:166
  - ハダカイワシ目 Myctophiformes
    ・ハダカイワシsp:27
    ・ヒレナシトンガリハダカ109
  - ヒオドン目 Hiodontiformes
  - ヒメ目 Aulopiformes
    ・ボウエンギョ:83
    ・マエソ167
    ・マルアオメエソ(メヒカリ):
    ・ミズウオ
  - フウセンウナギ目 Saccopharyngiformes
  - フグ目 Tetraodontiformes
    ・ウケクチノホソミオナガノオキナハギ49
    ・カワハギ:169
    ・キタマクラ
    ・コンゴウフグ:45
    ・セダカカワハギ109
    ・トラフグ:101694130138166
    ・ヒトヅラハリセンボン:9098
    ・フグの仲間6686
    ・マンボウ:140
    ・ミドリフグ
  - ボラ目 Mugiliformes
    ・ボラ:2196696104116140
  - マトウダイ目 Zeiformes
    ・カゴマトウ
    ・マトウダイ:142154
  - ワニトカゲギス目 Stomiiformes
    ・テンガンムネエソ:83
    ・ホウライエソ:167
posted by osakana at 22:07| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚本の目次

『魚本その1』 魚と伝説
『魚本その2』 外道楽―素晴らしきB級釣魚グルメの世界
『魚本その3』 図説魚と貝の辞典
『魚本その4』 和漢三才図会(復刻版)
『魚本その5』 日本の淡水魚
『魚本その6』 海の味―異色の食習慣探訪
『魚本その7』 水族館の不思議な生き物
『魚本その8』 魚の名前
『魚本その9』 和漢三才図会(電子版)
『魚本その10』 五百種魚体解剖図説
『魚本その11』 鯰絵―震災と日本文化
posted by osakana at 15:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚話の目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。